「再生」から「賦活」へ

 中活法のスキーム、所要の知識・技術を持たないまま関係各方面の人たちが、あれこれ工夫して取り組んで来た結果、「総務省レビュー」という、役所がかくも厳しい評価をするのか、という衝撃的な結果に直面しているわけです。
ここに到った原因については我々なりに分析してご覧にいれました。さらに遡及すると「小売商業高度化事業」という我が国中小小売商業振興施策の根幹の「行政評価」が必要ですが、止めておきましょう。
「行政評価」というより、現場の施策の使い方、それを指導支援した指導専門家,学識経験者の行動を含む、「商店活性化」のパラダイムに問題がありすぎました。

 中活法のスキームは知ってか知らずか、パラダイムの超克、商店街の商業集積としての再構築を目指す、という趣旨をもって登場しましたが、縷々説明したような経緯で真価を発揮し得ないまま、現状を迎えています。
おそらくこれから商店街関係は中心市街地活性化のスキームからフェイドアウトしていくのではないかとさえ感じられます。
商業等の活性化からスタートした中活法ですが、商業等の活性化は「経済活力の向上」に看板替え、内容も商業系の施策が立てられているとは言え」商業集積としての再構築」という当初の志は感じられません。

 総務省は対策を求めていますが、中活法制定の趣旨に即した対策が講じられることは期待出来ません。
ましてそれが首尾良く機能して、地方都市の中心市街地・商業街区が商業集積として再構築される、ということは期待しにくい。
よほど腕力のある集団が登場しない限り、出来ないこと、ここまでの関係各方面特に指導支援に当たる専門家のスキル、業界の状況などを見る限り、そういうことは期待しない方が良いでしょう。

 問題は、商店街です。
とにかく繁盛しないことには将来の計画も立てられない、という個店経営が多いのですから、ここはどうしても商店街ぐるみ、組織の力を結集しで繁盛店づくりに取り組まなければならない。おっと、「繁盛店づくり」などという流通しやすい言葉を使うととどこかrか、「繁盛店は物販だけでは作れない」といった文言で「非物販施策」を持ち込む輩がいないとも限らないので、ここは紛れようが無い「売れる売場づくり」と看板を変えて取り組む、というのが良さそうですね。

 商店街活性化も、全国見渡しても中活法のスキームで取り組んでいる都市は一個もない状態、「スキームの再生」は諦めた方が良いのかも知れません。というか、我がことに非ず、ですね。

 ということで、中活法のスキームの「再生」は非常に厳しいと思います。
もちろん我々がどうこうできるわけもありませんから、「再生」について云々することはもうお終い。

 とにかく、名称はどうであれ、商店街・有志個店の「売れる売場づくり」を核にした商業集積としての再生を目指す取組がこれから各地で起こるといいですね。

 名前にこだわらないなら、本来の使命をそのままに、「商業集積として衰退趨勢に陥っている商店街を賦活する」、、「商店街の商業集積としての賦活を目指す」運動、というのがぴったりかも知れません。
☆賦活(ふかつ):絶体絶命、瀕死の状態から生き返ること。

 「商店街賦活への道」はいかがでしょうか。
慣れ親しんできた商店街活性化への道、活性化への道の歩き方も愛着があるのですが・・。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ