商店街と理論武装

 全国的な商業集積間競争で、衰退趨勢に陥っている商店街をあらためて商業集積としての持続可能性を再構築する(これが商店街活性化の定義ですね)には、現在、日本列島に展開されている多種多様な商業施設の類型(特にモール、パワーセンター、ビッグボックスなど)の業容を理解し、ターゲットにしている消費購買行動との関係を分析して将来を予測する、といった作業が不可欠です。それをもとに、商店街がこれから再構築を目指す商業集積としての業容を構想、「売れる売場づくり」の手法を軸に漸進的に転換していきます。
これは、かって『中心市街地活性化法』で提唱されていた 「中心市街地所在の商店街等を一個のショッピングモールに見立てて商業集積として再構築する」という「一体的推進の目標」を実現するためのシナリオです。
活性化を目指す商店街が『中心市街地活性化法』が示す方向に転換していくためには、TMOがしっかり試論武装していることが大前提でした。残念ながらTMOは粗製濫造、自らの使命をほとんどは足せないまま姿を消しました。今現在存続しているTMOは、当時のスキームで想定されていたものとは似て非なる存在です。

さて、TMOを司令塔とする注活法の『ショッピング見立て』は挫折しましたが、では、改正中活法でこれに代わる方向と方法が明示されたかと言えばそれはありません。「商業集積としての持続可能性」という目標もありません。
そうした現状に於いて、商店街の活性化=商業集積としての持続可能性の再構築を目指す商店街は、自らその方向と方法を定めなければならない。もちろん、現在―将来の競争環境等は十分確認した上で、ですね。
多種多様な商業施設の存在を抜きに活性化を語ることは出来ませんから。

そうすると、『ショッピングモール見立て』に変わる活性化への道も、やはり商業集積としての一体性を持った商店へと脱皮して以下萎えればならないことになります。
既存の地場個店経営群が揃って業容を転換し、新しい商業集積を構築していく、これは前人未踏のチャレンジです。

前代未聞のチャレンジですから仮説―試行の連続、現に営業中のお店をそのまま店かっkしようと言うのですから失敗は許されません。
取組は細切れ、漸進的な試行錯誤の連続です。
このチャレンジを支えるのは何か?
それが理論です。
(続く)

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ