プロジェクト導入の検討始まる

スタンプ再生プロジェクト。2月1日を期して全国の地方自治体、商店街に発信しました。
もちろん、当社がメールアドレスを把握している範囲ですが(四桁あります)。

さっそく連絡があったのは、過去にキラリに取り組んだ商店街。
〈補助金の切れ目が縁の切れ目〉とはよく言われる商店街の事業が継続できない理由、自治体の担当者が代わったり、施細工方針が変わると、それまでの実績はすべて〈無かったこと〉にされてしまいます。
多くの「キラリ会」がそういう環境にあるのですが、このままでは活性化実現の可能性はどんどん細くなっていきます。
これではならじ。
何とか商店街が自立して事業を続けなければ、活性化を実現することは出来ません。
これから組織の正式な手続きを経て取り組みたい、という連絡がいくつも届きました。
嬉しい限り、この事業を企画した甲斐がありました。

多くの商店街・中心市街地が〈通行量の増加〉を目標に不毛な取組を続けているなかで、どうすれば無理なく活性化への道を大きく切り開くことが出来るか?
当社にとってここ数年の課題でした。

スタンプ事業を再生し、これを乗り物として商店街活性化の道を切り開いてくいく、という〈戦略〉は、個店の繁盛を実現し、それを街全体に伝搬していく、その過程で〈街を一個の商業集積としてマネジメントしていく〉タウンマネジメントを構築していく、という商店街活性化の中核に位置する事業として最適です。
この取組を一日も早く、出来るだけ多くの関係者に知ってもらい、理解してもらうことが喫緊の課題です。
ちょうど、年度マまつ、新しい年度の事業計画の話も出て来るときです。
この時期に、是非この事業を次年度の取り組みのど真ん中に据えていただきたく、有志の大奮起を期待するものです。

スタンプ事業そのものがこのままではいつ終わりを迎えるか分からない、というところも少なくないと思います。
スタンプ事業の再生は、単にスタンプ事業だけで考えていたのでは実現出来無いと思います。
商店街活性化を乗せて驀進する「のりもの」としてスタンプ事業を再生しましょう。
スタンプ事業に取り組んでいない商店が違反bこの機会に是非取組を検討してください。
スランプはそれ自体が目的では無く、商店街を活性化する運動を乗せて行く乗り物です、
乗り物無しでは活性化の通夫wすすむこと派難しいと思います。是非検討してください。、

スタートの取組は:
「売れる売場づくり」が牽引するスタンプ事業再生 ―キラリ輝く繁盛店づくり講習会のご提案―
ご質問はメールでどうぞ < /a>

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ