コンセプチュアライジング

聞き慣れない言葉だと思いますが、事物、状況を概念化(定義)して、これを操作することで、問題状況を適切に理解し、解決に導くことが簡単になります。もっとも、きちんと作れたら、の話です。

「コンセプチュアライジング」、日本列島住民は一般にこの作業が苦手です。学校で全く教えてくれませんから。
もっと遡ると、明治開国当時、コンセプチュアライジングはもっぱら「おやとい外国人」に任せて、日本人は実務レベルばかりやっていたからです。

この作業が出来ないと、問題解決、というに計画を立てて段階的に会を積み上げていく問題などは手こずることになります。
中心市街地活性化とかモロですね。

日本人は定義が苦手、「コンパクトシティ」とか外来語を定義抜きで使っています。
定義が苦手ということは、論理的に考えることも苦手、系悪を断てることも苦手、総括も苦手、ということで、中心市街地や商店街開催で起きている問題を解決出来ない、という問題はこのことが原因で起きている【人災】ですね。

ちなみに「商店街活性化」も商店街がどうなることか、定義しているのはわれわれ以外に誰もいません。
定義せずに活性化策とか考えられますかね?
失敗しても成功しても「総括」が出来ないのは定義がないからです。
定義していない活性化を実現するための数値目標とかおかしくないですか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ