販売促進か、活性化か

このところ、毎日タイトルの話ばかりですが、
これまでの『商店街活性化の取組は、販売促進だった。
というのが結論です。

なぜ販売促進だったと言えるのか?
通行量が減って売上が落ちた、痛苦量が増えれば売上が上がる
そうだ、人をたくさん集めよう、
と言うことで『通行量増大』を目的にソフト・ハード事業に取り組むのですが、一方、お客の来街目的である、個店の売場については、もっぱら店主さん任せ、何の手も打たれていません。
これでお客が来てくれたとして、お店の入店客ふえ、売り上げがアップし、お得意さんが増えるでしょうか?
活性化するためには絶対実現しなければならない条件ですが。

売れなくなっている店が販売促進に取り組んでも効果が無いのは、小売業化の世界では常識です。売れなくなっている原因、解決すべき問題を探り当て、適切に処理して、販売促進はその後の話。

商店街が、活性化に取り組んでいるつもりで、実は販売促進に取り組んでいた、とすれば、総称レポートにこうひょされた目標未達成、取組の効果は挙がっていない、という指摘は妥当ですね。
もし、きちんと活性化に取り組んでいて効果が挙がっていないとすれば、大問題、もはや商店街は活性化出来ない、ということにニリますから。
逆説的ですが、取り組みが間違っていたから活性化出来なかった、ということなら、適切に取り組めば活性化出来る可能性がある、ということですから。

適切な取組とは?

言うまでも無く、キラリ輝く繁盛店づくりが牽引する『商業集積として恩再構築』です。
総務趣意小野レポートを踏まえて、同取組を立て直すか、
おそらく最後の機会ですが、覚悟はいいですか(^_^)

指導者無しで済むのは販売促進だけ、商店街活性化は理論と技術を指導する専門家を確保しないと不可能です。
まずこのことを関係各位譜面、理解を共有するのが大変かも知れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ