通行量増加からスタンプ事業の再生へ

  商店街活性化と言えば通行量の増加、と返ってくるわけですが、それは路上レベルの話、
本当に実現すべきは、
①個店の繁盛、
②組合活動の充実 
③恒常的共同事業の活性化 
の3点セットです。

このセットを一体的に推進するシナリオを作り、乗物を決めて進んで行くのが商店街活性化への道。

この「王道」と今現在〈通行量増加〉に取り組んでいる「実践」が融合一致する場所として最適名事業がスタンプ事業だと思うのですが。
考えてみれば、スタンプ事業が商店街活性化との関連で取り上げられ、強化策が計画されることはほとんど無いようですね。別会計ですから内部でのポジションも微妙だったり。 基本計画でもほとんど問題にされてないようです。
さらに思い返して見れば、商店街組織自体が通行量増大の手段として利用されているという構図。

  個店の繁盛、組合活動の充実、共同事業の活性化という「商店街活性化への目標三点セット」は手つかずのまま、効果が論証―実証されていない、数値目標の達成もままならない〈通行量増加〉=販売促進一色に染め上げられているます。
この状況でスタンプ事業のサルベージを考えているのは誰か?

 ところでスタンプの目玉と言えば、地方都市の場合、歌謡ショー。
奮発したら博多座ご招待。顔ぶれは決まっているのに大散財。財政を圧迫していれば問題です。
もっと個店売場での還元を企画すべき。売れる売場を作れば企画はいくらでもあるはず、スタンプの再生は、売れる売場を作って売場との連携を強化する以外に無いと思いますが如何でしょうか。
位置づけの方向と方法を適切に選択すれば、スタンプ事業は商店街活性化を牽引するエンジン・乗物に変身させることが出来ます。

 活性化の王道:①個店の繁盛、②組合活動の充実 ③恒常的共同事業の活性化 の3点セットを一体的に推進していく〈乗物〉として当社が熱烈推奨する「スタンプ事業の活性化」。
取組がそのまま、三点セットを一体的に推進する事業になる。推進の過程で売上向上=経済活力の向上を継続的に実現する。

ということで。
課題は、活性化推進の中核事業としての取組を決定するには、誰に・どう・アプローチしたらよいのか、が悩ましいところ。
目下鋭意考え中です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ