真正商店街活性は、高度必需に針路を取る

 広域商圏において、衰退趨勢に陥っている商店街が、改めて商業集積として再生するには、何はさておき【事業機会】を発見しなければならない。
施策の前に「商店街が確保可能な事業機会」を発見すること。
【事業機会】を確定しないまま行うすべての活性化努力は水の泡に終わることは、列島全域、長期にわたって繰り返してきた【通行量の増加】【集客イベント】などの「仮説―試行」の結果として眼前している。

発見すべき【事業機会】の条件は、
1.進駐小売業に対して優位に立てること
2.商店街・個店の現有能力で獲得出来ること
3.取組が簡単なこと
4.着手したらすぐに効果(客数・客単価の向上)が確認出来ること
5.リスクが無いこと
など。

  上記5つの条件は、今どき「商店街を活性化したい」と思ったら、たちまち目の前に迫ってくる問題のはず。目を見開いてこれらの問題を確認することが「正真正銘」「正気で取り組む」商店街活性化への道。
【事業機会】はどこにあるか?

余談ながら。
セブンイレブンが登場するまで「セブンイレブン的事業機会」は、セブンイレブンの社内以外、どこにもありませんでした。
消費者のアンケート調査にも、大型店のデータにもこのイースは顕在化していませんでした。。

セブンイレブンの社内(鈴木さんの頭の中)で、事業機会を仮説設定、リアルで志向したらお客が出現した、ということです。
セブンイレブンが登場するまでセブンイレブンのお客はいなかった。

スーパーマーケットもそうですね。
商店街活性化 を目指すなら「顧客生成」は当然の課題です。

 商店街活性化の事業機会は、セブンやSMと異なり、前述の5大条件を前提に考えなければならない。いまだかって、誰も実現したことの無い事業機会ということです。
そうで無いと、商店街の将来にわたる存在価値は実現出来ない、そうでしょ?

5大条件を踏まえて選択、ニーズー売場の両方を作り上げなければならない。
そのテーマが【高度必需】です。
高度必需をどこに作り出すか?
今年の課題です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ