商店街組織の活性化

活性化とは、持続に支障が生じているまたは生じるおそれがある組織や街区、地域に対して適切な施策を講じることで持続可能性を取り戻すこと。つづめて言えば、「持続可能性の再構築」です。この定義は活性化という言葉の意味ですから、対象がなんであれ、「活性化」と来たら「持続可能性の再構築」と考えること。
したがって、活性化事業とは、持続可能性を再構築するための事業です。

活性化は、例えば商店街の場合、繁盛していた昔に戻すことではありません。
これから将来を展望したとき、どのような位置取りをすれば将来にわたって商業集積として持続可能か、ビジョンを掲げて、実現する方向へ移行しなければならない。

単なる通行量増大や空店舗リーシングは、それだけでは活性化事業とは言えません。ちゃんとした上位計画があり、他の諸事業と連携することで始めて活性化事業の一環、ということになります。

 商店街組織の役割も、従来の様に個店のことは個店の責任、組合が取り組むのは街全体の問題、という分担では語ることが出来ません。組合は「移行」の主役として個店の店づくりの転換を推進しなければならない。
施設整備や集客イベントレベルの取組だけでは無く、商業集積の命とも言える「業種揃え・店揃えの最適化(売場揃え。品ぞろえの最適化)」に取り組まなければならない。
そのためには、もちろん、理論と技術が不可欠、それを確保する機会を作らなければならない。

商店街を活性化したい、と言ったとたん、直面するのが商業理論と店づくり技術の修得ですが、我々がいつも申し上げているとおり、商店街活性化の指導支援に当たる専門家といわれる皆さんは、商店街立地の個店を繁盛させることが出来る商業理論も理論を実践するための技術も持ち合わせていません。
だから、商店街活性化の界隈で理論と技術に関する問題が取り上げられることはまったくといって良いほど無いわけですね。

この状況から脱出しない限り、商店街活性化は実現できません。
如何にして理論と技術を商店街に定着させるか?
商店街組織の課題です。

ご承知のとおり、この課題への取組に我々は「キラリ輝く繁盛店づくり」という方法を提供しています。
理論と技術を並行して修得する機会として、これまでのところ、全国唯一の機会です。
これからもたぶん、他には提供されないと思います。
(キラリ輝く繁盛て店づくり」について詳細は当社サイトで研究してください。

商店街活性化でホント手つかずになっているのが商店街組織の問題。
これまで何十年も取り組んで来たのに商店街が活性化出来ない、その原因の一つは商店街組織のあり方、です。
商店街組織は、「加上方式」には適していますが商業集積としての機能の再構築といった、プロジェクトを実践して行く組織としては不備があります。
活性化の取組では商店街組織のあり方自体も変えていく、そういう取組が不可欠です。
「スタンプ&キラリ」という取り組みを推進することで商店街組織は自己変革を遂げることが出来ます。

個店の繁盛、共同販売促進事業の発展、商店街組織の活性化、三つの課題に同時に取り組むのが「スタンプ&キラリ」の取組です。



コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ