商店街活性化を左右するスタンプ事業の再生

 最近の商店街活性化事業と言えば、「賑わい創出」の冠をかぶせた集客イベントといわゆる【商店街活性化・三種の神器】こと「まちゼミ、一店一品、百円商店街」ですが、ご承知のとおり、ほとんど見るべき成果を上げていません。
“隣の芝生は青く見える”、成果の上がらない三点セットに取り組んでいる商店街の中には、他の二点に関心を持ち、並行して二点取り組んでいる商店街もあるとか。
そんなレベルの取組が成功事例として全国に紹介され、リーダーは普及活動で全国を飛び回る、というのは如何なものか,と思いますね。
㈱全国商店街支援センターでは 【まちなかセミナール】の普及に取り組んでおられるようですが、商店街活性化の推進に向けてどういう展望があるのでしょうね。
ホームページを見る限り、商店街活性化に結び付ける【論理】は展開されていなqいようですが・・。

 おっと、今日のテーマは標題のとおり、スタンプ事業について。
上記のような各種事業が持ち上げられ、支援の対象として脚光を浴びているなかで、もっぱら商店街有志の自助努力の組織化として取り組まれているのがスタンプ事業です。
しかし、ご承知のとおり、事業を取りまく状況は極めて厳しく、この事業は全国的に衰退趨勢に陥っています。
販売促進の常として、繁盛している店が取り組むめば効果があるが、繁盛再生を目的に取り組んだのでは成果が得られません。
多くの商店街のスタンプ事業は、スタート時点から繁盛再生の期待を持って取り組まれるというミスマッチのなかにあるようです。
これを再生して商店街全体の活性化を牽引させよう、というのが当社の提案です。
スタンプ事業を再生するには、「売場の再生」が不可欠、スタンプ事業の一環として組織的に売場の再生に取り組むことがスタンプ事業本来の機能を発揮出来る条件実現になります。

 繁盛実現のためのスタンプ事業を再生するには、繁盛する売り場を作らなければならない。
スタンプ事業が売れる売場づくりに取り組むことで加盟個店の売上増進を実現し、スタンプ事業の成果を向上する、
成果を普及させることでスタンプ事業の底上げを実現すると同時に」商店街前置あの活性化を大きく前進させるそり組みを企画していAM州。

 今週中に企画をまとめ、中央会向けに提案します。
商店街の皆さんには中央会さんから紹介されるといいですね。
興味のある人は直接メールで事業企画書を請求して下さい

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ