商店街の最優先課題は【売れる売場づくり】

とにかく、【売れる売場】はないことには、ソフト・ハードの各種事業にどんなに幅広く、まじめに取り組んでも、各個店の売場が【売れる売場】になっていなければ、得意客を増やすことは出来ません。

活性化事業の成果が商店街得意客の増加として蓄積出来ないのは、商店街唯一の【得意客生成装置】である各個店の売場が陳腐化している=他で買い物をしている人達を引きつける魅力が無い、からです。
売場に魅力が無ければ、活性化事業の成果として得意客がふえ、その人たちがショッピングを楽しむために通りを回遊する、祖恩毛かとして通行量が増える、ということは実現できません。

一方、商店街に立地する個店の多くは、将来の成長発展を楽しみに改装改築に取り組むという条件が整っていません。
後継者問題も複雑です。もちろん、空き店舗問題もあります。

こうした状況で一番優先して取り組まなければいけないのは、売れる売場づくり、繁盛店づくりです。

これまで商店街では街にお客を集めるのは組合の仕事、集めたお客を買い物客にするのは個店の仕事、といわれてきました。
しかし正直なところ、個々の経営に【売れる売場】を作る力があるでしょぅか?
あるとすれば、なぜその力を発揮して【売れる売場】を作らないのでしょうか?

郊外型商業集積登場以来の環境の変化は、商店街立地の個店経営の皆さんが経験したことのない、対応策を講じることが難しい変化です。 全国的に見ても郊外型商業集積に対抗して活性化に成功したという商店街はほとんどありません。
そういう状況のなかで、自分たちの商店街に立地する各個店が自力で【売れる売場】を作る、というのはきわめて難しい。

商店街活性化の成否は、【売れる売場】の存在にかかっており、個店に【売れる売場】を作る力が不足していることが明らかな以上、商店街組織が組織の仕事として【売れる売場づくり】に取り組むことが必要です。
それもこれまで取り組んできた各種事業に優先する課題として取り組まなければならない。

商店街の仲間も高齢化が進んでおり、これから2,3年が活性化の実現を可能にする最後の機会となる商店街も少なくないと思います。
商店街組織の全力を挙げて取り組まなければ成功しない【売れる売場づくり】、あなたの街ではそのような位置づけになっていますか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ