売れる売り場は買える売り場

商店街活性化はなぜ成果が挙がらないのか?

 理由は簡単で、せっかく取り組んでもその成果が街の中に蓄積されないからですね。
活性化事業の成果とは、言うまでも無く、当日の成果では無く事業終了に街が活性化していくことです。
そのためには、事業の成果が街なかに実現され、蓄積されていかなければならない。

成果とは何でしょうか?
それは、商店街、特定の個店を自分の買物行き先と評価し、使ってくれるお客さん(得意客)が増えることです。
事業に取り組む度に得意客が増え続けるない限り、商店街が商業集積として成長することは出来ません。成長が無ければ新規参入も新規投資も実現されず、商店街はこれまで同様ゆるやかなあるいは場合によっては急激な衰亡への道をたどることになります。

 何としても活性事業の成果を実現しなければならない。
そのためには、事業に取り組むたびに得意客が増える仕組みを作らなければならない。

活性化を目的に取り組まれる事業は、一過性のものがほとんどです。一過性の事業はその期間中の集客や通行量増大は実現出来ても得意客を作ることは出来ません。商店街活性化の要である得意客増加は、短期的な活性化事業では実現出来ないのです。

得意客づくりには何が必要か?
ズバリ、『売れる売場・買える売り場』が必要です。
「買える売り場」が無ければ得意客にはなれませんからね。

従来の考え方とは真っ逆さま、逆転の発想です。
これまでの活性化事業のシナリオと言えば、集客催事を開催して人を集める、集まった人が個店のお客になってくれる、という単純なものでした。その昔、商店街が近郷近在のショッピングのファイナル・でスティネーションだった頃、催事には善男善女が押しかけショッピング行動で街中大賑わいでした。たぶん、その当時のイメージを伝承している人たちが、前後左右の検討抜きで継承しているのが現在の集客イベントです。
当時はファイナルデスティネーションとて、日ごろから繁盛している商店街が、企画する集客イベントですから集客数、買物客数、売上額、拝実とは比べものになりませんでした。
当時の催事には『売れる売場』という前提条件が整っていたわけです。
今はどうでしょうか? 考えて見てください。
当時とはまったく異なる条件の下で取り組む集約催事、活性化に結び付けるには催事以外の取組が絶対に必要です。

しかし、これまでの集客事業は、あたかもかっての古き良き時代の条件が今も続いているかのような前提を取り組まれています。街に人を集めるのは組合の仕事、集まったお客を自店のお客にするのは個店の仕事、というわけです。上述のとおり、昔はちゃんと成立し、効果を発揮した仕組みです。

  この考え方を基本にして、長年取り組まれてきた活性化事業が最終的に『目標を達成出来ない、効果があるとは認められない』と評価されたのが、今年7月、総務省が公表した『地域再生に関する行政評価監視報告」でした。
当ブログでも何度か取り上げました。
報告書は、原因の解明と対策を勧告しています。目下、内閣府、国交省、経済産業省などで対策が講じられていると思いすが、地方自治体ではどうでしょうか。地方自治体こそ真剣に検討しなければならない課題ですが・・・。

  問題は、事業の成果が蓄積されていないこと。
蓄積する仕組みが作られていないこと、ですね。
すあんわち、活性化事業の本当の成果を事業終了後に実現する仕組みが作られていないこと。
端的にいえば、前述のとおり、『得意客を創出する仕組み』が存在していないこと、です。
仕組みとは何か? それは『売り場』です。
活性化事業の成果として大概したお客が入店し、お試しショッピングを体験し、堪能してフアンになってくれる、その結果として個店―商店街の得意客が実現します。
すなわち、活性化事業の成果は事業終了後に事業の外に吾zらわれる、とはこのことですね。

  事業の成果を実現するには事業に先立って、事業終了後にその成果が実現する仕組み、売り場を作っておかなければならない。苦入り返しますが、昔はその条件が整っていたんですよw

集客催事を目的に来街したお客を、売場に誘い、ショッピングを試してもらい、気に入ってもらわないと催事終了後のリピート、得意客への変身は絶対に実現しません。
この段階を受け持つのは、催事では無く、個店の「売場のしつらえ」です。
昔の商店街催事の成功が「売れる店、繁盛している店」あってのものだったことを考えれば、今も催事を成功させるには『売れる売場』が提供されていることが不可欠です。

  街に集客するのは組合の仕事、集めたお客を個店のお客にするのは個店の仕事、というのはそのとおりだということですね。理事長さんの言葉で不足しているのは、催事のお客を個店のお客に出来無ければ、催事が商店街活性化という成果を実現することは出来ない、ということ。
『個店のしごと」といって能事終わりでは無く、商店街全体としての取組として「個店の売場を売れる売り場に変える」仕事に取り組まなければならない。

  商店主はみんな一国一城の主、個店お腹に手を突っ込むことは絶対むり、というのが商店街の常識ですが、この常識はもちろん、商店街の空洞化と共にある常識、常識だからと放置していたのでは出来ることも出来なくなる。
このあたりについては、蛇の道は蛇w、当社の得意涼気です。
本気で取組を検討したい人はご連絡を。
なお、12月2日開催の「自治体のための商店街活性化セミナー」に参加されると、いっそうクッキリ全体像を把握することが出来る思います。

  商店街活性化事業はなぜ成功しないのか、どうすれば成功するのか?
総務省勧告の原因究明と対応策、当社の提案をあらためて「売場」にフォーカスして考えてみました。

「売れる売場は買える売り場」
「買える売り場」とはどのような条件を備えた売場か?
一緒に考え、実現してまいりましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ