イベントと売場の連携

商店街活性化は何故思うように進まないのか?

最大の理由は、イベントの成果が商店街に「得意客の増加」として蓄積されていかないこと。
商店街の得意客とは、買物ニーズが発生する度に商店街に買物に来てくれるお客さんです。
買物は個店の売り場で行われますから、商店街のお得意さんは当然個店のお得意さんということになります。

イベントの成果が蓄積差出来ないのはイベントの成果が個店の得意客増加を実現できていないことが原因です。
イベントはなぜネライである各個店の得意客増加につながっていないのか?

最大の原因は、イベントと個店の売り場の「連携」が出来ていないことです。
それも個店売場の方にイベントへの対応がほとんど出来ていないということです。
商店街活動は、活動の成果を享受する立場にある個店は、イベントの成果を店内で実現するために必要な取組は個店ごとに行うことになっています。言い換えれば、イベントの成果は、究極、各個店のイベントに対応する「店づくり」に依存しているわけです。

ところが実際のところ、個店の多くは「イベントに売場が参加する」という店づくりが出来ていません。
これは「商店街活性化三種の神器」と言われる、一店逸品、百円商店街、まちゼミにもいえることです。
イベントには取り組むが、その成果を獲得するための「売場の充実・改善」には取り組まないまま、集客イベントが行われている、ということでは街のイベントも個店のイベントも同じ問題を抱えています。

イベントの趣旨を考えれば、イベントと個店売場は一体となってイベントを迎えなければならない。
イベントの成果は各個店の売り場のイベントへの対応によって決まります。

しかし、各個店の「売場づくり」は、イベントに対応することをほとんど考えないまま行われています。
この状態から一日も早く脱却、脱皮することが喫緊の課題です。
各個店の「売れる売場づくり」こそが商店街活性化実現の最初にして最大の課題です。

今日は井尻商店街・キラリ輝く繁盛店づくり((岡市商店街活性化核店舗創出事業)のスタート、イベントと売場の連携強化をテーマにより実践的な取組になる予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ