FC2ブログ

バックヤードと商品回転

 切っても切れない縁がありまして、もちろん、商品を回転させたかったらバックヤードは何が何でも・万難を排して・時に売り場を縮小してでも・配置しなければならない。
 商品が売れない、とお悩みのアナタ、アナタのお店ではこのところ、バックヤードを使っていませんよね、と言えば十中八九、アタリでしょう。
 え?バックヤード、ありますけど、いま夏物と秋物入れ替えたばっかり、一杯つまってますけど・・・、という人も中にはいますからね・・・。

 ということで。
バックヤードがあるとデッドストックが発生するから、つぶしてしまえ、在庫は店頭在庫だけにしろ、といった「指導」をされる先生があり、それを聞いた人が「あのさ、バックヤードはダメなんだぞ」なぜならば・・、としやべります。言われてみれば確かにバックヤードにはデッドストックがつまっている、なるほど、ということで、あっという間に拡がります。

 バックヤードを廃止したお店はその後どうなったか?
相も変わらずデッドストックが今度は店頭で発生しまして、店内はも~不良在庫の山また山、たまに新商品が入荷しても在庫に埋もれてアピールできません。

 ものは考えようでありまして。
バックヤードがあるにも関わらず、デッドストックを発生させていた人が、バックヤードを撤去すればそれまでにもまして
①デッドストックが増える。店頭で増える。
ことになります。そうすると、お客の店内回遊が激減、お客に見てもらえない商品が売れうることはありませんから
②商品の回転数が急落する
売り上げが落ちるわけで、必然的に
③資金逼迫
となりまして、いいことは一つもありません。

 なんでこ~なるのか?
そもそもデッドストックが発生するのは、バックヤードがあるから、ではないのです。

 お客の目によってキャッチされない商品は、買い上げられることはない。当たり前のことです。
そうだろ!だから売り場に置いとくんだ、お客の目にキャッチされるためには、売り場に置いとかなくちゃダメだろ~が、ぼけ! と言われそうですが、
確かにお客の目に留まらない商品が売れることはありませんが、そのことと、だから何が何でも商品は店頭に置く、ということとは違う話です。

 端的にいって、
商品は店頭に置いておきさえすればお客の目に留まるものなのか?
狭い売り場にこれでもか、というくらい詰め込まれた商品の一つ一つにお客の目が留まるでしょうか?
スカートを目一杯つるしたハンガーラックの陰になっている棚のブラウスはどうですか? 誰かハンガーラックを押しのけて見てくれましたか?
そもそも。歩くスペースも有るのか・ないのか、近くまで回遊してくれるんですかぁ?
ということですね。

①お客はセルフで買い物したがっている
②見えない商品は買ってもらえない
という二つの思いこみから、店頭在庫がどんどん増えていきます。
バックヤードを廃止しているとなおさらです。

この売り場づくりを専門店が採用するとどうなるでしょうか?

これはもう、お客は完全にひいてしまいますね。

①セルフと言いながらちゃんと見張られている中で、詰め込まれている商品をかき分けてまで、探す値打ちの商品があるとはとても思えない。なんだか「万人向き」的商品ばっかりだし・・。
②ちょっと商品にさわると、さっと飛んできて「それ、いいでしょう」とうるさくなる・・。
③買わずに出たいが、出にくい。やっぱ来るんじゃなかった・・・。

ということで、お客に来店したことを後悔させてど~する。

お客の目に留まらなければ、売れない、というのはそのとおりですが、お客が見ようと思わない商品は、お客には見えない、と言うことがありまして、売りたかったらただ置いておくだけではなく、お客の目に留まるように置いておかなければならない。
お客の目に留まらない商品は、お客にとって無いのと一緒です。

ということですから、店頭に置ける商品の量は決まってしまいます。
売りたい商品は一つ残らず店頭に並べておく、というのは、お客のAIDCAからいえば、絶対にやってはならない陳列です。

万難を排してバックヤードを設置、こまめに商品を出し入れすることが、「商品回転度数アップ」につながり、もちろん「売り場の鮮度向上」が実現され、その結果として「売り上げアップ」が実現する。

地元にSCが出てきたら・・・全く新しい「対応策」を提案しています。

当ブログの主張、もっと普及させるべきだと思われたら
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ