商店街に「活性化研究会」を立ち上げよう

 商店街を取りまく環境は、都市や立地によって緩急はあるものの、確実に商店街・各個店の業績を悪化させる方向で進んでいます。
考えて見ますと、このことは大店法当時から一貫した流れであり、これまでソフト・ハード両面で取り組んで来た多様な事業も効果を上げることが出来ないまま、今日に至っているわけです。
あらためて、それでも商店街を活性化したい、と考えるなら何をなすべきか?

 ハッキリ言って、これまでのお仕着せ的な活性化事業に取り組むのでは無く、自分たちでしっかり考え、成果を予測できる事業に取り組むことを目指すべきではないでしょうか。そのために必要なことは自分のatまで考えること、考えられる仕組みを作る、ということです。

  商店街を活性化したい、と考えたら、イの一番に「ショッピングモールとの関係をどう間が瑠べきか?」という問題が浮かぶはずです。bこの問題が浮かばない人は要注意。あなたの思考パターンは既に「通行量増大」といった活性化の既定路線にはまっているかも知れないので要注意。

 さて、「ショッピングモールとの関係」を考えるには「そもそもショッピングモールとは何か?」という問題が浮かぶはず。
これを調べようとすると、商店街活性化との関係で参考になる研究書などが一冊も無いことに気づかされる。
どうすべきか?
ともかく、これ迄のような安易な活性化事業を続けるわけにはいかない、このkとははっきりしていますから。

 そこでご提案。
商店街の内部に「商店街活性化」を研究するグループを立ち上げる,というのはいかがでしょうか。
考えてみれば、大店法の昔から「商店街活性化」をちゃんと勉強した商店街は少ないはず。勉強した人もほとんどリタイアして勉強の形跡は商店街には残っていないはず。講師が務まるほど高度広範な商業に関する知識を持った専門家も見当たりません。
商店街活性化関係で「こうすれば商店街は活性化出来る」という本で、「ショッピングモールにはこう対応せよ」と提案している本は一冊もありませんからね。おしなべて活性化業界にはそういう本格的な問題式を持っている人はいないのと思った方がよろしいかも。第一、専門家が勉強しようにもその機会がありません。大学の先生、研究家もそういう問題視気を持って研究捨ている人はいませんから。

 【商店街の内部に「商店街活性化」を研究するグループを立ち上げる】
これしか方法は無い。
組合の中には「いまさら勉強かよ」という人もいるでしょうが、まだ間に合う、と開き直る以外ないですね。
ともかく、誰が反対しようともこの事業は取り組まなければならない。

 こういう事業は補助金にはなじまないと思うので、事業の経費は組合の「自主財源+参加者自弁」で賄うことになります。組合、個店共に「将来への投資」です。
そう言えば、これまでのソフト事業はすべて一過性、将来のための投資という正確の事業は無かったですよね。
まあ、その結果が商店街の現状と言えないことも無い。

自己負担の見返りは,
組合=組合事業に対する組合員の評価の変化、求心力の向上、さらには販促などルーティーン事業の成果の向上。
個店=研究成果の自店売場への応用による繁盛実現。

商店街長年の懸案であある「実現可能な商店街活性化への道」の「ビジョンづくり」と「参加個店の繁盛実現による「繁盛可能性の実証」が同時に実現出来ることになります。

取組を検討したい人はメールをどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ