高度化事業の大転換

 中心市街地活性化―タウンマネジメント関係の専門的なテーマです。

中心市街地活性化法が制定される」以前の高度化事業は、商店街単位、組合単位の事業でその趣旨は、商店街、商業施設の高度化、競争力を向上させるものでした。競争の対象は、同じ街区内の商店街、商業施設でした。もちろん主観的には工場のショッピングデンターと競いたいのですが、商店街単位、店舗単位では競争になりません。
しかし、隣接する商店街との競合には大変効果がありました。高度化事業の成功事例といわれる商店街は、事業に取り組まなかったために競合に破れ、空洞化した商店街をセットになっていたものでした。

 しかし、前述のとおり、郊外のショッピングモールが相手では高度化事業はほとんど効果がありませんでした。

 中活法のスキームで取り組まれる高度化事業は、名前も【中小小売商業高度化事業】と改称され、内容も大きく変わりました。
単位商店街の取組から中心市街地然の取り組みへ、中心市街地を一個のショッピングモールに見たてて再構築する、sぉの取り組みの中核に位置づけられたのがこの事業です。
ショッピングモール見立ての取り組みを推進するのがタウンマネジメント、そのマネジメントにあたるのがTMOでした。

 中心市街地活性化法の制定で、高度化事業は大きく変わったのですが、中心市街地基本計画レベルではAM、ありsのことに気づかないまま、従来通りの商店街単位、店舗単位の高度化事業に取り組んだ結果、ショッピングモールとしての再構築には\届かない取り組み担ってしまった都市が多いようです。
個別商店街、店舗単位の取り組みでは減税の競争環境の中できちんとしてポジションを占めることは出来ません。
各地の高度化事業がうまく行っていない理由はここにあります。

 本当は指導にあたる高度化事業の指導専門家がハッキリ指導ししなければならないところ、専門家さんも中活法の制定で中心市街地・商業街区の高度化事業の趣旨、内容が大転換したことに気づいていません。
国や指導機関はどうでしょうか?謎ですね。
旧中活法のTMO構想は、実施する高度化事業の構想だけでは無く、中心市街地全体が再構築する商業集積の正確、実現するために取り組む事業,措置等を網羅して作成する,ということになっていました。
実際に押すいう構想を作った都市はほとんど無かったと思います。
ここから中心市街地活性化の挫折が始まっている、といって過言ではありません。
各地で『恣意パイ』が報じられている再開発―高度化事業の失敗は実はTMO構想の失敗でした。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ