通行量増大と賑わいと商店街活性化

 それぞれ良く似た言葉で、ほとんど同じような意味で使われることが多い。
特に通行量が減っている商店街では、何をするにしても今のような通行量では効果が期待出来ない、ということでまず優先的に取り組まれるのが通行量増大です。
一過性の通行量では無く、恒常的に人が行き交っている、とニュアンスで『賑わい』になります。商業=物販以外の来街目的を新設・充実することで恒常的な来街者を増やす。

 どちらも,通行量を増やして商店街を活性化する、という目的は同じです。『通行量の増大』は商店街にとって長年の課題ですが、近年は「中心市街地活性化基本計画」における数値目標に掲げる都市が多くなり、中心市街地―商店街活性化といえば通行量の増大、という取組が主流になっています。

 『通行量の増大』で商店街活性化は実現できるのか?
単に通行量を増やすだけでは活性化できないことは,当ブログの読者の皆さんには良くご承知のところですが、皆さんの周囲はどうかと言えば、なかなかそういう認識は共有されていないと思います。困ったことです。

 商店街活性化策として取り組まれる「通行量の増大」は、その究極の目的からすれば、商店街に買い物に来る人が増えることを目指しています。端的に言えば、今は商店街以外で買物をしている人たちに商店街に買物に来てもらうことを目指しているわけです。
つまり「郊外型商業施設からお客を奪還する」ための取組ということになります。

 郊外の各種商業施設にお客を取られて衰退趨勢に陥り、通行量が減っている商店街が「通行量増大策」に取り組むことで、「通行量」では無く「お客」を取り戻すことが出来るでしょうか?(出来ると信じてる人がいるとは思えませんが)
『商店街活性化策としての通行量増大』は、端的に言えば、「通行量を増やすことで郊外の商業施群から消費購買客を奪還する」ということになりますが、果たしてこれは実現できることでしょうか?

 商店街への一回的・臨時の来訪者を商店街の愛顧客に変身させるには、街区内の個店に入店してショッピングを試してもらい、結果に満足して、その店の愛顧客になる,というプロセスが不可欠です。そのためには、一見のお客さんが入店してきた際に、既にその人を愛顧客に転化させる魅力をもった売場が出来上がっていなければならない、ということになります。
通行量増大策に取り組む前に『魅力ある店』を作っておかなければならない,トピうことです。

 実際は、通行量増大と魅力ある店づくり、両方の事業に並行して取り組むことが効果的です。
魅力ある店づくりといえば、当社の【キラリ輝く繁盛店づくり】が最先端の取り組み、実践しておられる個店経営では,イベントのたびに一見のお客さんが入店、買上、得意客になってもらう、という事例が多く報告されています。

 商店街では良く,個店の取り組みが必要なことは分かっているが、今の通行量では取り組んでも効果が出ない、まず、通行量を増やすことから始めよう、という話がまとまります。通行両増大の事業に取り組むことになりますが,一向に増えません。
商店街にわざわざ抱けてくるに値する【買物行き先】が提供されていませんから。

通行量が増えたらいろいろ売れる工夫をしてみよう、というのは本末転倒、まずもっと今現在のお得意3位堪能してもらえる店・売り場に変えていくことが大切、イベントと違っていつからでも始められます。
さっそく明日から如何ですか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ