地場小売業とチェーン小売業

 商店街はなぜ活性化しなければいけないのか?

 これらさらに厳しく問われるようになると思います。
活性化の理由、いろいろ挙げられていますが、ショッピングモールをはじめとするチェーン小売業ではなぜいけないのか、どうしても商店街を活性化しなければならない理由は展開されていないようです。

 商店街を活性化しなければいけない理由がハッキリ説明出来ないと、活性化するために何に取り組むべきか、方向と方法がわからないと思います。商店街を活性a化しなければならない理由=商店街には郊外のチェーン店では担えない役割があると言うことであり、それを担うことが商店街活性化を実現するチャンスです。
その役割とはなんでしょうか?

 地場小売商業にとっては当たり前のことですが、チェーン小売業には逆立ちしても出来ない、それどころか真っ向背反する結果しか生み出せない地域経済における効果があります。
それは、 地域の消費購買行動を地域の裁量所得獲得の機会にすること。 地域の家計に入ってきたお金 (給料・年金) が消費財の購入に回るとき、それをもう一度地域の所得にすること。

そのためには、チェーン小売業で行われている消費購買行動を商店街に向きを変えてもらうことが必要です。
そして、そのためには、もちろん、商店街の個々の売り場が新しい消費購買行動の受け皿に変わることが必要です。
商店街を繁盛させるには、現在、商店街以外の場所で買物をしている人を商店街に呼び戻さなければならない(「通行量増大」も
そのための取組という一面を持っています)。
商店街立地の個々の売り場を「買物の場」として充実させる以外に、商店街で買物をしてもらうことは出来ません。

「通行量増大」は、郊外店からお客をで圧巻するための取組、成功するには商店街の「売場」を充実させることが不可欠。
売場を充実させないと、巨額のお金を使って通行量増大キャンペーンに取り組んでも最終目的を達成することは出来ません。

商店街はなぜ活性化しなければならないのか?
あらためてその理由をしっかり考え、そのためには何を為すべきか、しっかり考えた取組で無いと目先の「通行量増だ」も実現できないことはこれ迄の取組が実証しています。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ