計画作りと実践と

昨日の続きです。

中心市街地―商店街活性化とは、
1.広域に展開しているモールを始め多種多様な商業施設と
2.茶の間、スマホのディスプレイをPOP(売買接点)にしている通信販売、両者に侵襲され
3.陳腐化―劣化―空洞化し、維持に支障を生じている商店街を
4.「ショッピングゾーン」として【再生】することです。

したがって、活性化したい、と思ったら,まず第一にやるべきことは、
1.広域商圏で商店街が他より優位に立てるビジネスチャンスがあるか?
と言うことを検討しなければならない。
いままで誰も・どこも検討していない問題です。

巨額の資本や優れた人材が必要なビジネスは,はじめから対象になりません。
あくまでも自分たちの現在の力+これから身につけていく能力で確保できること。
お金と組織で出来ることなら大手がやります。

商店街の現状から5年掛けて取組を軌道に乗せる、そのための計画が【中心市街地活性化基本計画】ですが、見てますと活性化を成功に導く計画になっているどころか、【計画】という名に値しない,ただ、事業メニューを列挙しているだけ、というレベルの計画が多いようです。

そこで、今から計画を作る人、見直しをする人にご忠告。
プランニングを【プロの計画作成代行業者】に依頼していけません。
商業について素人だと言うだけででは無く、【計画作成能力】にめちゃくちゃ問題がある。
プロに任せて作った計画を実施した結果が【総務省レビュー】ですからね。

もちろん、商業系の計画だからと商業系の専門家に依頼するのも危険です。
商店街を活性化するには何が必要か、と言う専門的な知識が十分とは言い難い。
もちろん【プランニング】の経験知見も十分とは言い難いはず。

計画作成・見直し業務へ、商業とプラニング両方が一人で出来る、と言う人に依頼し、さらに,実施過程の支援も依頼する、支援する能力がある、という人でないとこの問題を託すことは出来ません。
そういう人がどこにいあるか、といえばたぶんいないと思います。

中には当社のセミナーを受講した人もいるわけですが、まったく期待した活動が出来ない。
こうなれば、最前線に打って出る以外に無い、というのが今の心境ですが、引っ込む、という選択肢も有力のように思われる今日この頃です。。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ