FC2ブログ

商店街活性化論のススメ

□「商店街活性化論」の勧め

 目下、藻谷さんの「商店街活性化論」に取り組んでいますが、あらためて考えさせられるのは、こういう「論」を展開している人があまりにも限られているということ。
おとといの記事『今どきの専門家』で書いたとおり、「活性化論」が余りにも少ない。
「理論」が提供されていないというころは、活性化関係者のなかで「理論の必要性」を自覚している人が少ない、自覚している人も気に入る理論に巡り会うことが出来ない、自分で創るには諸般の条件が整わない、といった状況があるわけですね。

 従来の商店街活性化の蹉跌、新スキームによる取り組みの停滞という現在の状況は、「新しいアイデア」で突破出来るものではありません。是非、従来の取り組みの延長上で「新しいアイデア」を出すのではなく、「活性化論」に基づく「活性化への道」を提案していただきたい。

 あれこれとアイデアを提案する人は多いのですが、「商店街活性化・誰が何のために何をどうするのか(藻谷論文のタイトル)」ということについては、ほっかぶりをしたまま、“あ~すればよい”、“こ~すればよい”というアイデアが行き交うばかり。
アイデアも「活性化の定義」からスタートしないとホンモノはでませんから、提案されるのはたいてい「二番煎じ」となるわけです。

 Web上で「活性化のアイデア」を提案している人を含めて、是非、そのアイデアがなぜ、「活性化実現のアイデア」として適せ鬱であるかということを立証するため、自分の「アイデア」の根拠としている「商店街活性化論」を展開していただきたいものです。


 現場においてもあらためて「活性化」をめぐる根本的な議論が必要です。
今さら高レベルに取り組むのは「退行」のようにも受け取られ、“そんな暇はない”といわれそうですが、ビビッてはいけません。これまでさんざん取り組んできたことの結果を見れば、ここはぐっとこらえて「基礎の基礎」からの取り組みに、断固、舵を切らなければならない。
それに“「基礎の基礎」から再スタート”というのは、そんなに時間がかかる話ではありません。その気になって半年も取り組めば、だれの眼にも明らかなレベル・「繁昌店の実現」という成果が得られます。

理論そっちのけの「実践」はこれまでとまったく同じ。
巨大迷路の中を右往左往するばかり。

理論は不可欠であり、皆さんの任務は「理論の共有」を御地の関係各方面にどういう手順で定着させていくか、ということです。
いつも申しあげていることですが、進めたかったら当社との「協働」が必要ですが・・・・。

□藻谷浩介さんの場合
 理論の提供ということでは、藻谷さんのお仕事に敬意を表するものですが、ではその内容は、ということになるとtakeoとしてはいろいろ疑問があります。
特に、活性化の取り組みがうまく行かないのは「地権者」の存在を無視したから、これからは地権者を主役にしなければならない、というのは、「原因」としても「方向」としても賛成できません。

 ということで「論争」に取り組これまでのエントリーはすべて藻谷さんの主張を理解しやすくまとめ直しているもの、takeoの主張ではありませんから、念のため。
集中して作業しますから、今日中にはまとめ終わり、批判的検討に移れると思います。

 プロセスにおつきあいいただき、理論の必要性・適切な理論が備えているべき条件、takeo理論のレベルなどを確認してください。
しっかりおつきあいいただくと「自力思考能力」が高まる、という副次効果が得られるはずです。


当ブログの主張、普及させる価値があると思われたら
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ