活性化に理論は不要?

商店街活性化と商業理論

  郊外型商業全盛(+ネット通販)時代に商店街を活性化する=買物客の買い回り回遊で恒常的に賑わう商店街を再構築するには、商業理論が不可欠である、ということは、当ブログをご愛顧いただいている皆さんには、ごくごく当たり前のこと、「耳にタコ」状態ですね。しかし、当社関係から一歩離れると、「理論」の話はまったく聞こえなくなりますね。
中心市街地活性化関係では,大学の商業や経済の先生を始め、コンサルタント、プランナーなどたくさんの専門家が参画、専門的立場から指導支援を行っていますが、この人たちの口から「商店街・中心市街地を活性化するには商業全般についての理解が必要、それには商業理論を学ぶことが不可欠」という話が出たことがあるでしょぅか?

あるいは、皆さんのまちの『中心市街地活性化基本計画』には、商業理論を装備することの重要性がうたわれており、その機会が計画されているでしょうか? 皆無ですね。
我々以外,中心市街地・商店街活性化関係者で「商業理論を持つことの重要性」をいうものは一人もいませんからね。
どうして誰も言わないのか、考えてみたことがありますか?

それは、我々以外の関係者が商業理論を持っていないからです。
ウソみたいな話ですが、上述の商学部の商学の先生からコンサルタント、プランナーまで、「商店街活性化の可能性を考える」 ために必要なレベルの小売業についての体系的知識:商業理論を持っている人はいないのです。

自分が理論を持っていないのに、他人に「理論が必要、理論を持ちなさい」とは言えませんからね。

商店街活性化や「まちづくり」関係のノウハウ本もたくさん出ていますが、ほとんどが、「心がまえ」か「事例紹介」ばかり。ショッピングモールとの関係をどう考えるべきか、といった話は爪の先ほども出ていませんね。
もちろん、この人たちも「商業理論」を持っていませんから、心構えか事例紹介しか出来ないのです。

他方、商業理論を持っている我々は、心構えや事例紹介をほとんどしませんね。この違いは大きいんですよ。
(我々が事例紹介をする時は、実際に取り組んだ個店経営者の体験発表を動画で提供)

商店街活性化とは、商店街を一個の商業集積に見立てて、持続可能なショッピングゾーンとして再構築すること。
中心になるのは既存個店群の売場改革による「業種揃え・店揃えの最適化」です。TMOマニュアルにある通り。
これに取り組むには、しっかりした商業理論が不可欠、大学の教科書程度ではどうにもなりません。

活性化に商業理論は不可欠。行政・まちづくり会社・商工会議所・商店街が同じ商業理論を共有しないと商店街―中心市街地の活性化は不可能です。
クオルエイド以外では商業理論が必要だという声はゼロ、だから勉強しなくていいんあだ、という人は当ブログご愛顧の皆さんにはもちろん論外のことですが、しかし、皆さんの周囲には「理論不要論者」というか、そもそも理論が必要だという話を一度も聞いたことが無い人ばかり。

これでは「目標未達の原因解明と改善策」という宿題に正解を出すことは出来ません。
精々、「PDCAの精度を高める」といった何も言ったことにならないことしか出てこないのでは。
もちろん、PDCAをちゃんと回すには理論が不可欠ですからね。

ということで、中心市街地・商店街界隈で「商業理論の装備」がまったく話題にならないのは、関係者が理論を持っていないから、理論を持っていなくても活性化を指導出来る、と考えているからですね。

皆さんもそれで良い、そのとおりだ、と思っていますか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ