商店街活性化業務の必須アイテム

商店街活性化:漫然と使われることが多いのですが、中心市街地活性化法のスキームでは,ゆるやかに定義されています。
①維持に支障が生じている、または生じるおそれのある商店街を
②商業集積に見立てて再構築すること。
です。

商店街の現状にカンフル剤的な何かを付加、注入して盛り返そうということではありません。
環境を見ますと、郊外にはショッピッグモール、ビッグボックス、家にはディスプレイ経由の通信販売と文字どおり腹背に敵を受けて存続を図ろうというのですから、昭和のの時代の販売促進のうはうは一切役に立たない、と考えなければならない。

商業集積として再構築するとはどういうことか?
いわゆる自然成長的に推移して現在の状況に至っている商店街を一個の「計画的商業集積」に転換しようというのが『商店街活性化』の本当の意味です。これまで誰もどこの国でも取り組まれたことの無い大プロジェクトです。

プロジェクトであるからには、推進していくために必要な『道具』を準備しなければならない。
列挙しますと。
1.商業理論
2.計画に関する理論
3.経営管理に関する理論
は必須です。

こういう基礎的な知識は、本来なら各自治体や商工会議所、あるいは研究者が持っていて課題に合わせてかつようする、ということになりますが、どこにもこういう知識が備えられていないのです。ビックしましたか(^_^)
まあ、輪れっわれがずっと指摘してきたことで驚くことでも無いのですが。

基本計画や商店街の活性化事業計画が,所期の成果を挙げられないのは、計画とは名ばかり、実際は個別事業を羅列氏らだけ、事業相互の関連や先後関係なども一切考えられていない、「計画まがい」だった、と行くわけです。
総務省の評価が出たい上、取組の梶苑が不可欠ですが、問題は昨日も書いたように、どのレベルで見直すのか、ということです。

計画の構成と中身を精査して改善しなければならないの9ですが、相当の腕力を必要とします。
上述のとおり、市外にもそういうスキルを持った人がいるわケーディーイーはありません。
自分たちで装備していくにしてもだこで手に入れるのか?

ということで、残っているのは我々が提供する『キラリ輝く繁盛店づくり、商店街活性化の五つの階段」を採用することだけではないかと考えますが、あなたはどう考えますか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ