総務省レポート ビフォア・アフター

中心市街地活性化の取組について、おしなべて「効果の発現は認められない」という評価は極めて厳しいですね。
評価対象になった44都市の取組が効果が挙がっていない、ということは、「中活法』制定以来の取組が効果を発揮していない、もっと遡及すれば昭和48年以来取り組んで来た商店街活性化、その買い手で蓄積してきたノウハウなどを駆使した取組がもはや効果を発揮出来中うなっている、ということですから、大変です。

本当に『出直し的改革』が必要8になっています。

これまで我々は、各地の中心市街地活性化の取組について、スキームを誤解し手織り、その取組ではヵっせいあkできない、ということを繰り返し述べて来ました。
総務省のレポートが求めている「原因改名と改善策b」を所要のレベルで打設のひゃ、たぶん、我々だけだと思います。
もんだいは、われわれの提案が採用されるかどうか。
これはれぽーとについてs相当突っ込んだ客観的検討をしたうえで無いと難しい。
モールド内はいくつmじょあって、
1.原因の解明をどのレベルでやるのか
2,改名を改善策優先で考えると従来と似たりよったりになるでしょう。
3.本来あるべきb改善策を,隣ったでも今から作るのでは間に合わない
ということで当社の提案が浮上するかどうか。

なにしろ無名の弱小コンサルタントの意見ですからね。国が採用数するというのはどうでしょうか。

採用される可能性があるのは中小都市でしょうね。
タウンマネージャーを設置しているが、機能していないところとか。
あらためてマネージャーさんの能力を市クルアップする機会にも使えそうです。
こちらは可能性があるかも知れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ