商店街活性化は今まさに正念場

 このところ本省方面に提案を送ったり,県や市にヒアリングをしたりしています。
「蛇の道は蛇」、我々は一を聞いて十を知ることが出来ます(^_^)
これまでに貯えている情報やb経験など総動員して新しい情報の意味を考え、理論に必要な改善を加えていく、というのは我々の得意とするところです。

 通行量、賑わいについて。
都市経営上の大きな課題として取り組まれているところ、既に諦めてしまったところ、様々ですが、これといった取り組みもしないで諦めてしまった都市はこれからそのツケを払うことになるでしょう。『地方創生』でまったく同じことを繰り返すはずです。
一方、首長さんの公約に掲げられているなど、これから本当に成果を出して行かなければならなところは、ラストチャンスが到来しました。総務省の目標未達レポートを奇貨として、最後の聖戦wが始まります。

 再スタートする取組は、「目標数値・通行量の増大」を導きに、『繁盛する中心商店街』の再構築をまっすぐ目指さなければならない。観光資源その他の「非物販集客施設(図書館とか)」の集客力のおこぼれに預かろうといったさもしい根性で「もの余り・店ああまり」時代という『ラストチャンス』をものにすることは出来ません。

 中心市街地。商店街活性化は、『物販力』を充実しない限り、実現することは出来ません。
これは誰よりも首長さんがキモに銘じなければならないことです。
物販力の現状を放置したまま非物販集客施設を整備して賑わいを創出するというシナリオは、思いついた時点で破綻が宣告されている『やってはいけない』取組です。

 新しく設定する数値目標、当社のお奨めは「数値目標」ですが、従来の目標とはまったく違います。

数値目標の役割は、
1.個店、商店街の日々の経営努力の成果として実現される
2.取組の成果が自店の業績向上として実現する
3.商店街及び他の個店の取組が自店に+アルファとなる
4. 不備不具合が発見出来て都度改善できる
5.商業集積としての再構築に接近していくこと
といった課題に答えなければならない。

そのために大事なことは、数値を追いかけながら、関係者の能力がどんどん高まっていくこと。
これが出来るのは、これまでのところ、【キラリ輝く繁盛店づくり】だけのような気がしますが、果たしてどうでしょうか。
本当は三つ四つ【これしか無い】という方向と方法が提案されていて、競合するくらいがいいんですけどね。
そういう提案をする物好きは当社だけのようです。

冒頭に書いたヒアリングの結果ですが、最後のチャンスだ、と気合いが入っているところと、十年一日、誰かが槍きを出せばついていく、という40年間続けて来てまだ飽きない面々と二極分化が顕著になっていきそうです。
我々もさらに分化が拡大するよう、一段と気合いを入れて取り組んで参る所存です。


 

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ