『総務省レポート』以後の商店街活性化

 何度も取り上げてきました。
総務省の中心市街地活性化に関する行政監視評価報告書』の波紋はどうなっていくのか?
我々としてはこれをきっかけに本当に目的・目標を達成出来る取組のあり方について論議が深まることを期待したいところですが、果たしてどうなりますか。これまでも出直し的改革が必要だという局面は何回かありましたが、毎回、従来路線の延長に落ち着きました。

 今回は、総務省が平成16年に勧告した『目標数値を設定した取組』の結果が目標未達となったわけで、総務省の前回の行政評価も安易だったのでは?ということになります。今回もPDCAをきちんと回すように、という勧告になっているようですが・・・。
どうも「計画そのものには問題がない」ということが(前回に引き続き)前提にされているような雰囲気も感じられます。
もしそういうことだったら大変です。

 我々としては目標未達の原因は、「目標数値:通行量の増大」の内容理解に問題があり、そのために施策が偏ったために達成出来なかったのだ、という総括、原因究明です。
商店街の通行量とは単なる通行量では無く、回遊客数であること、したがってその増大のための取組は、一過性の来街者増のイベントなどを繰り返すだけでは不十分、得意客が増える仕組みを作り、回遊が増える仕組みを作らなければ、「商店街的通行量の増大」は達成出来ないということですね。

商店街の回遊といえば、もちろん、ショッピング目的の回遊ですから目標は買い回り回遊に値する売場揃え、ということになります。
キラリ輝く繁盛店づくり、点から線、線から面への展開、です。

標記のタイトルで小論文をまとめたので、これから関係各方面に配付、参考に供したいと思っています。
興味がある人はメールで請求してください。
メール添付でお送りします。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ