総務省レポートの衝撃

 中心市街地活性化の進捗状況に関する総務省の『行政監視・評価レポート』
あらためて考えて見ますと、問題山積ですね。

単純に考えれば、目標はなぜ達成できなかったか?
もっと達成に効果のある手法を考え、実行しなくては、というアプローチが考えられる。
ネットで検索してどこかにいい方法がないものか探してみる。
取り組みやすそうな事例があれば採用してみる。

今まで実行してきて成果のなかった方法そのものですね。

もっと深く考えると、別の問題が浮かび上がります。
改めて、商店街を活性化するには通行量の増大を目標に掲げ、それを追いかけるだけでよいのだろうか?
ということです。

通行料を増やす、ということで取り組まれてきたのは「住む人・来る人を増やす」事業。
1、住む人を増やす:
 街区内に「下駄ばきマンション」を建設する・・事例多数
 下駄ばきマンション=一、二階部分が店舗や事務所仕様になっているマンション。
 全戸完売したからと言って通行量が顕著に変化することはない

2.来る人を増やす
(1)大型店を誘致
(2)非物販集客施設の誘致
(3)集客bイベントの開催
などに大別される事業群が取り組まれて来mさしたs。
その結果が「数値目標未達」です。
こういう事業に取り組んでもそれだけで街の通行量が増えることは無い、と言うことが明らかになりました。
レポートが出た以上、これからは漫然と従来的な事業を続けることは出来ないでしょう。

そして,もっと深く考えると,さらに深刻な問題が・・・

総務省レポートは、数値目標を掲げた目的である、〈目標管理〉について、精度を高めることを求めています。
いわゆるPDCAを回す、と言うことですね。
目標が達成出来なかったらその原因を探求し、改善すること。

当然やらなければ行けないことですが、問題はどのレベルに問題があると判断するか、ということ。
いろいろ考えられます。

1.取組に問題があった
2.目標数値が高すぎた。
3.目標が不適切だった。
4.事業が不適切だった。
5.計画jそのものが不適切だった。

総務相は、原因の探求と対応策を求めていますが、どのレベルで対応を考えるかで今後の中心市街地活性化の成否は大きく左右されます。
あなたのまちではどのような総括と対応が行われるでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ