08/03のツイートまとめ

takeoquolaid

モール、現商店街、新に構築する新商業集積を論じるための「商業集積論」も必要ですね。これも提供されてないです。商店街活性化スタートして40年の現実。
08-03 21:46

基本計画、経済活力の向上を実現するための数値目標が設定されています。選択されているのが「歩行者通行量の増加」。一応積算してありますが、ぶっちゃけ、これくらいは増えるだろうという程度の話、目標を達成した時点で商店街は活性化への軌道に乗っている、という意味での目標ではありません。
08-03 21:33

さらにもちろん自分たちが再構築する新商業集積の業容ミックスも構想します。理論と二人三脚が不可欠ですが、使える理論が提供されていない。導きとなるべき理論が存在しない中での商店街活性化。そう言えば、総務省の評価報告書に「理論不在の商店街活性化」という指摘は無かったですね。
08-03 21:17

「モールと棲み分ける」とは、モールとは競合しないデスティネーションを仮設し、それを導きに商店街から商業集積への転換を図ることです。まずモールとは何か?見れば分かりますが、商業理論的に解明しなければならない。その他、フリースタンディングのビッグボックス群も理解しないと。
08-03 21:08

商店街を活性化しよう、といったとたん、まっさきに決めることは、「ショッピングモールとの関係」です。競合か、棲み分けか、無視か。もちろん、商店街側の事情を優先して選択出来る話ではありません。問題は唯一、「ショッピングモールとどう棲み分けるか」。ここで理論が必要になる。
08-03 21:04

@Fumihiko_SUZUKI facebook よろしくおねがいいたします。その1,その2とも、共通するのは皆さんにその気になってもらうことですが、究極、市長さんの出番が来ると思います。スタート時点から市長さんに旗を振ってもらうのがノウハウかな、と思っています。
08-03 20:54

@Fumihiko_SUZUKI 我々が考える中心商店街の再構築は、モールとの「棲み分け」を目指します。実証段階はすぐ結果が出るのですが、行政主導・5年を目途にした「転換事業」の発進が難しいです。なにしろ実践段階は前代未聞ですから。
08-03 17:18

@Fumihiko_SUZUKI 「その2」との間連で言いますと、我々は既存個店経営の有志に先行チャレンジしてもらい、繁盛可能性を実証、取組を点から線、線から面へ広げ行く、という戦略です。実証は簡単ですが、問題は行政が本気で取り組むかどうか。総務省レポートを活用したいものです。
08-03 17:08

@Fumihiko_SUZUKI 我々は、中心市街地・商業街区の「商業集積としての持続可能性の再構築」に中活法のスキームで取り組むという立場で、もっぱら「その1」を推進しようとしています。「行政主導・主役は商業者」という推進体制が必要ですが、体制づくりに難儀します。
08-03 17:00

@Fumihiko_SUZUKI ダウンロードさせていただきました。意見交換よろしくお願いいたします。
08-03 16:40

商店街以外の小売業は、今のところ「見よう見まね+差別化」で行ってますね。差別化といっても「初上陸〇〇店舗」程度。モール間競争で苦戦を強いられている某モールは、我々は「商店街を目指す」と言ってます。商店街を仮設して移行しようというわけで、こうなると仮設が必要になります。
08-03 12:31

仮説設定に使える商業理論が提供されていない、というのが我々の認識。仕方がないので所要部分だけ自家製で。使える商業理論があれば商店街―中心市街地活性化がこれほど混迷することは無かったでしょう。使える商業理論をどう獲得するか?商店街活性化の大問題。
08-03 12:25

@Fumihiko_SUZUKI レポート拝読しました。特に「解決策その1」は興味深いです。「モール見立て」は、整備改善法時代、TMOマニュアルでテーマだけ表出、その後行方不明。モールとしての再構築には個店の業容転換が不可欠ですが、転換の過程を具体的に描けるかどうかが鍵ですね。
08-03 12:16

「立地は移動する」と商店街の理事長さんがいうのと、研究者、プランナーが言明するのとでは意味が違います。昔w 「商業集積の吸引力」に関する「理論」がありました。『小売吸引力理論 (ライリー&ハフ) 批判』https://t.co/GOmVrv4Hnr今でも使っているのかな?
08-03 12:04

RT @quolaidbot: 小売業のほとんどは、「見よう見まね+創意工夫」で経営しています。創意工夫のテーマは【差別化」、やはりライバルの動向がひとつの基準になります。ところが商店街の場合、集積も個店も真似る対象が存在しません。隣接商店街もショッピングモールも真似たり差…
08-03 11:56

総務省の発表を奇貨として商店街活性化を一挙に推進する、という課題がある。
08-03 09:08

我が国の人文社会系では理論とは何か? 理論にはどのような要件が必要か?といったメタの知識が共有されていない。議論が低調な一因。
08-03 09:01

我々の経験では、キラリ輝く繁盛店づくり、点から線、線から面への展開には、行政―活性化協議会、まちづくり会社の一致したバックアップが不可欠。意外と難しいですよ。市長さんがその気になって、ことある毎に関係各方面、とくに未参加個店経営の参加意欲を振起することが肝心です。
08-03 07:47

中心市街地活性化の【決めて】をみなされている通行量増大ですが、非物販集客施設の設置は通行量増大を実現出来るか? 通行量増大に結び付けるには何が必要か?総務省の「衝撃的発表」を踏まえて今一度ご紹介..「通行量増大と賑わい創出」 https://t.co/GS5RnJsa3d
08-03 07:09

まとめを更新しました。「中心市街地活性化基本計画、目標完遂都市はゼロ 総務省が改善勧告」 https://t.co/pTpczos2RY
08-03 06:58

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ