07/30のツイートまとめ

takeoquolaid

欠陥1.【『中心市街地活性化法』が読めてない】特に、第一条:目的、二条:中心市街地要件、五条:地方自治体の責務、六条事業者の責務、八条:基本方針 九条:基本計画 の各条は、整合的・有機的に理解されておらず、即ち、計画は、中心市街地活性化のスキームの骨格を把握し損なっている。
07-30 23:56

結論から言えば、計画が目標を達成出来なかったのは、全ての計画に共通して重大な欠陥がいくつもあったから。欠陥は致命的であり、目標の変更程度では済まされない。抜本的な改編が不可欠。
07-30 22:26

#計画未達全国全都市、『中心市街地活性化基本計画』はなぜ目標を達成出来ないのか。以下連ツイ。https://t.co/15IMWSISZU
07-30 21:54

結局、『中心市街地活性化基本計画』という、都市中心部、商業街区の都市機能の増進および経済活力の向上 (≓商店街活性化) のためのプロジェクト計画を、プラニングの素養を欠き、商業理論を装備していないプランナーに委託作成したことが大間違いだった、ということ。さて、改善できるかな。
07-30 19:54

キープすなわちリピーター。イベント来街者が日常的にリピート来街する、そういうお客が増えてはじめて目標数値が達成される。違いますか?リピート客はイベントだけでは作れませんよ。我々が繰り返し申し上げているとおり。
07-30 19:47

中活法的「法定中心市街地」の活性化は「当該中心市街地における都市機能の増進と経済活力の向上」であり、この点、コンパクトシティを掲げようと掲げまいと課題に大差は無い。アウガの失敗はコンパクトシティの失敗では無く中心市街地活性化の挫折。パティオ事業、中心商店街ともども。
07-30 18:55

折から夏祭りたけなわ、街は祭り目当てのお客があふれますが、翌日は影も形も無い、というのが商店街の通り相場、5年続けても変わりませんね。通行量を増加してキープして、また増加してキープして、という仕組が無いと、「5年後、街の恒常的通行量が10%増加している」は実現できない。
07-30 18:31

何が何でも目標数値を通行量の増大にしたいなら、それらしくちゃんと計画しないと。たとえば、計画期間5年で10%増加なら、各年度に目標を配分、積み上げていくことになるはず。問題はこの積み上げ。各年度に増加した通行量はどこに蓄積されるのか?ということですよ。
07-30 18:23

この誤解は、いわゆる「一号認定」:青森、富山両市の基本計画に追随したすべての都市―基本計画が共有しているのでくれぐれもご注意。
07-30 18:12

本気で商店街―中心市街地活性化を望むものは、今回の総務省の勧告を奇貨として、基本計画の見直しを決意すべし。抜本的に見直さないと「コンパクトシティ」路線と同じ轍を踏みますよ。彼らが挫折したのは、コンパクトシティもさることながら、「中心市街地活性化」を誤解していたことが大きい。
07-30 18:10

中心市街地活性化のキーワードは、中心市街地活性化の定義=都市機能の増進と経済活力の向上だが、後者については、商店街活性化=地場中小小売商業(地場小売業)の振興とそれを通じた都市内経済循環の再構築だ。ここを理解していない計画は中心市街地の空洞化を止められない。
07-30 18:04

スキームを理解しないまま作った基本計画のテーマが、論理と戦略が構築されていない「コンパクトシティ」ですから、箸にも棒にもかからない結果になるのは当然です。『コンパクトシティを目指す中心市街地活性化基本計画』という作文が10数年の月日と数百億円を費やし、都市の物心を荒廃させた。
07-30 17:57

コンパクトシティは、概念と言うより単語がぽつんと宙に浮かんでいる感じ。本当に推進するならコンパクトシティのパラダイムを構築することになると思うが、まあ、そこまで本気で取り組む専門家がいない、ということでしょうかね。
07-30 17:52

目標数値:通行量の増大は達成したが活性化は出来なかった、という事例もあるんですよね。
07-30 17:48

計画未達は地方自治体の責任ですが、専門家として参画したプランナーさん、監修的位置にあった学識経験者さんの責任もありますよね。
07-30 17:46

@mihatsuikutoshi 私も知らない方の部類です。
07-30 16:56

TLに「コンパクトシティ」が散見されるので便乗(^_^)『反コンパクト党宣言』https://t.co/ez8I1oKJac今日の一曲:松山恵子♫ だから云ったじゃないのhttps://t.co/Ty9fnjOze7
07-30 16:33

RT @runupgo: TLに流れる上杉隆の顔は、日々、自信に満ちてきてるような気がする。それだけの反応があるのだろう。世界は上杉隆東京都知事を待っている #上杉隆応援中
07-30 16:13

@mihatsuikutoshi どこが大発見ですか? 気づけないんですけど。
07-30 15:56

@takuichimi @mihatsuikutoshi 通りすがりですが。駅が旧中心市街地を避けて建設されている都市は結構多いです。理由は、たぶん、煙と線路のから発する火花でしょう。古い都市の市史には経緯が記されていると思います。
07-30 15:53

16年の「勧告」の妥当性も検証されるべき。
07-30 15:48

中活法のスキームは「船頭多くして船山に上る」という感じ。ちゃんと商業が分かっている人に見直してもらった方がいい。ホントに「中心市街地における経済活力の向上」が必要だと思うならね。
07-30 15:44

達成出来ない数値目標が蔓延したのかこの勧告が契機。再掲:「総務省の中心市街地活性化に関する勧告」平成16年https://t.co/iF3pXjqOgB 『総務省の勧告に関する考察』https://t.co/KnP8Gvrhxd
07-30 15:39

先週、本省からのアクセスが眼についたのは、こういうことか。今日の中心市街地:基本計画計画、目標達成ゼロ 総務省が改善勧告:日本経済新聞 https://t.co/15IMWT0uouhttps://t.co/GNw8KPKSSt
07-30 15:31

TLでノエルさんが飛ばしてる件(^_^)
07-30 15:20

今日の一冊:『ベル・エポックの百貨店カタログ』アートダイジェスト2007【甲府市春光堂書店】で衝動買い。つながりはボン・マルシェ鹿島茂『デパートを発明した夫婦』講談社現代新書1991 https://t.co/38I2mK9lDo
07-30 10:54

商店街的テナントミックスとは:1,国のスキーム=業種揃え・店揃えの最適化・・・「街を一個のショッピングモールに見立てた再構築」の推進。既存個店の業容転換がキモ。2,ありがちな自己流=空店舗活用(エリアマネジメントとも言う) 。空店舗が埋まれば成功、既存個店改革は無関係。
07-30 00:17

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ