通行量の増大と賑わい創出

街が活性化すれば通行量が増えるのか、通行量を増やせば街が活性化するのか、これが問題だ。
中心市街地活性化基本計画、経済活力の向上(商店街活性化)の数値目標に「通行量の増大」が掲げられますが、さて。
中心市街地活性化基本計画の場合は、ほとんどが後者、つまり、通行量を増やせば街は活性化する=経済活力が向上する、という計画になっているようです。
通行量増大の目標数値は、集客施設やマンション建設からイベントまで、各種事業によって増えるであろう通行量を積算した総量になっています。

これが例えば、「地域商店街活性化法」で言われる「事業機会の拡大」ということでしょうか。
問題はいつも申し上げているとおり、各個店は店前通行量を入店―買物客に変える力を持っているでしょうか。
集客イベントを見れば明白、各個店に別の目的で来街している歩行者をお客に変える力はありません。
まあ、目標として掲げている通行量数値を達成することに集中している中心市街地はごくわずかでしょうね。
通行量が現在より数パーセント増加したかと言って何がどうあるものも無いことは分かり切っているはず。
達成出来なくてもペナルティが科せられることは無いでしょうし。

  それよりも問題は、 現実に取り組んでいる集客イベントの成果が個店の業績とまったく結びついていないこと。
こちらは商店街組織の運営―将来に直接影響します。
特に、活動に参加しない組合員が執行部に事業活動を白紙委任していると思ったらとんでもないでしょうね。
早急に個店レベルに実効ある取組の着手しないと、いつ何時、不満が顕在化しないともも限りません。
先頭を切る組合員が出たらひょっとすると脱退の雪崩が起こらないとも限りません。・・・。
そうなる前、今のうちに個店の業績向上に実効ある「繁盛店づくり」へのチャレンジを始めるべきではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ