商店街活性化に理論は無用?

ふと思いついて、.商店街を活性化するために取り組まれている事業や必要と思われる事業を
「これまでの経験で取り組める事業」と「新しい知識や技術(理論)を必要とする事業」に区分してみました。

A,これまでの経験(理論無し)で取り組める事業
〇集客イベント、
〇空き店舗活用、
〇コミュニティ事業、
〇再開発によるマンション建設 等々

B,理論無しでは取り組めない事業
〇郊外型集積との棲み分け、
〇テナントミックス最適化、
〇既存店の繁盛実現、
〇核店舗の整備  等々

注:理論無しでは出来ない「核店舗の整備」
各地の中心市街地に建設され&低迷している「再開発型・物販雑居ビル」は、
①持続可能な商業集積の再構築という命題による
②中心市街地・商店街等の活性化を牽引する機能を持つ
④理論主導で整備されるべき「核店舗」
では無い。

区分してみて分かることは、
1.理論無しで取り組めることは,これまで全国で取り組まれたが、一向に成果が上がっていない。
2.理論が無いと取り組めないことはまだほとんが未着手である。
ということですね。

 これは大変なことです。
全国各地の都市で取り組まれている中心市街地活性化ですが、作られている「基本計画」に商業・商店街の活性化を推進する事業として、列挙されているのはほとんどすべて、「理論無しで取り組める事業」です。
郊外型商業全盛時代に、新しい知識屋技術抜きで活性化出来ると考えるとは・・・。
たぶん、関係者以外は誰も思っていないでしょうね。特に市民・買物客は、項以外に多数立地している商業施設との競合対策としてAだけしか取り組まれていない、とは思いもよらないことでしょう・・・・。

 理論無しで活性化ができると考えていれば、何も理論を勉強する必要は感じないわけで、
いつの間にか、勉強しないと対策が出てこない郊外の商業施設については「考えないこと」になっています。

 一方、理論無しで取り組まれた再開発事業による「核店舗整備」はご承知のとおり、これまで例外無しの失敗続きです。
その反省も十分行われないまま、これからも「核店舗=店舗面積が一番大きい」的な大昔の常識に基づく「理論無き核店舗」が登場しようとしています。
地方都市から百貨店が消滅しようとする時代、空洞化著しい中心市街地に新しく建設する「大型店」が理論無しで「核店舗」機能を果たせると、どういう根拠があって進められるのか? 謎です。たぶん誰も考えていません。
「理論無し」とはそういうことですから。

 商店街を活性化したければ、この「理論無用」という状況を打開していかなければなりませんが、誰がどう打ち破っていくのか?
各地で取組が続けられていますが、理論無用派の抵抗は頑強、なかなか風穴が開けるのに苦労されているようです。
皆さんの商店街、中心市街地は如何ですか。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ