商店街活性化に欠けていること

1973年、『中小小売商業振興法』、『大店法』がセットで施行されて以来、全国全商店街で40年間にわたって取り組まれている商店街活性化ですが、いつまで経っても「商業集積としての持続可能性」を再構築出来ないのはなぜでしょうか?
我々以外、、誰からもどこからも出されていない疑問ですが、皆さんはどうでしょうか。
どうしてこういう事態になっているのか?
是は一言でいえば、取組に不都合があったから、ですね。

 どういう不都合でしょうか?
商店街に未曾有の影響を与えた新業態「スーパーマーケット」への対応で、その実体,構造を解明しないまま、その経営のウハウを真似るなど、対症療法的な対応策に終始したことです。いくら真似ても本物に勝てるわけがありません。
以来今日まで、活性化策を企画する前になるべき、郊外型商業施設の構造や、そこに向かう消費購買行動の実態を解明する作業は行われていません。

 その結果、現在取り組まれている活性化事業は、商店街活性化の目的である「広域商圏の競争環境において持続可能な商業集積として再構築する」という取組と名かけ離れた内容になっています。

 競合施設等の分析を踏まえ、「中小小売商業の競争力の根幹(『中心市街地活性化法』『中心市街地活性化に関する基本的な方針』)」とされる【業種揃え・店揃えの最適化】即ち個店の「店づくりの改革」に注力すべきところ、「周辺事業」=共同施設の整備改善、販売促進事業などへの取組に終始している結果、商店街の空洞化は進むばかりです。
果たしてこれから取組を修正することが出来るでしょうか。
修正の可能性は・・・謎です。

以上、活性化が「どつぼ」にはまり込んでいる理由でした。
街の内外、シャッターの内外、問題が絡み合っています。
状況をエイヤッと解きほぐすには、ユダヤの民を率いて海を渡ったモーゼのような人が現れないと難しいかもしれません。

我々は細々と【キラリ輝く繁盛店づくり】で取り組んで行きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ