商店街活性化への第1問

商店街を活性化したい、と思ったとたん、第一に考えなければならないことは、なぜお客が減ったか、ということ。
もちろん、商店街以外に買物行き先がたくさん増えたからですね。
このことを踏まえて商店街活性化を考えると、商店街を活性化するには商店街以外で買物そしている人たちに「商店街も買物行き先として使ってもらう」ことが必要です。

使ってもらえる条件を作ることが商店街活性化の取組、ということです。

日ごろ行き慣れているショッピングセンターなどを「横目に見ながら」商店街までわざわざ買物に来てもらう、これを実現しなければならない。

臨時の催しで来街者を増やしたり、マンションを建てて居住者が増えれば自動的に買物客が増える、ということはありません。実際に取り組んでいる商店街ではよく分かっているとおり。

買物目的でわざわざ出かけて来てもらえる、出かけてくる値打ちのある店、商店街を作らないと買物客を増やすことは出来ません。このことはけして忘れてはいけないこと。忘れると街を活性化することは出来ません。

以上のことから分かることは、これまでの活性化の取組は 『いい加減』だったな、ということですね。

単純に通行量を増やす、空き店舗を活用する、コミュニティ施設を導入する、といった事業で『買物客』を呼び戻せる、と思っていたのですから。

これからの商店街(特に中心商店街)活性化の取組は、
①「ショピングモールを横目に見ながら」
②アクセス不便の商店街に
③わざわざショッピング目的で来てもらう
ためには何をしなければならないか?

ということをしっかり考え、その答えをしっかり持った上で必要な事業に取り組むべき。

率直に申し上げて、この問題を商店街で取り組む、会議のテーマにして話し合って取り組む事業を考える、というのはお奨めできません。止めるべきです。
モールを横目に見ながら買い物に来てもらう、そのためにはどういう事業に取り組まなければならないか?
商店街の会議で正しい答えが出てくるような問題ではありません。

これまでの活性化は間違った問題を立てて取り組んで来たために失敗しました。
これからは、ただいい問題に正しい取組方をする必要があります。

正しい取組方、その「方向と方法」をセットにした取り組みの1つが当サイトが提唱する『キラリ輝く繁盛店づくり』です。
この方法は、その一部始終を当社の指導支援の元で取り組む、ということが条件でuす。
正しい方法を考える、ということは、取組方まですべて考えている、ということですが、正しい方法を聞いて理解したからといって取組方は自分で考えられるということはありません。
『5つの階段』を上るには、二段目を上るときは三段目、三段目に挑戦するときは四段目のそれぞれ登り方を考えながら取り組むことが必要です。
全体等が分かっていないと一段目を上りきったところで,二段目へのアクセスの仕方が分からずに途方に暮れてしまいます。

商店街活性化は、外部の指導者無しには実現が難しい。
指導者もよほど慎重に選ばないと行き先を間違います。

今のところ、当社が推薦できる指導者は、当社だけ、ですね。

本気で街を活性化したい、自店を繁盛させたい、と思うなら、当社の指導支援を受けることは必須条件、どうすれば支援を受けられるか、
希望者はさっそくメールをどうぞ



コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ