FC2ブログ

チェスタトンの“好きこそものの上手なれ”

 別件でネットをさまよっていて、なつかしや、チェスタトンに出会いました。

“人間は自分がどれほどの〈悪人〉なのか、どれほどの〈悪人になりそこなっているもの〉なのか、それがわかっていないうちはいくら善人ぶっても何にもならん。
なにか犯罪のことを聞いてしたり顔に眉をひそませたり、あざ笑ったり、一万マイルも遠方のジャングルの猿の話でもするように《凶悪犯人》のことを話したりするというのは、いったいどういう権利が自分にあってのことなのか、それをまじめに考えないうちはただの俗物にすぎん。”
G.K.チェスタトン作 「ブラウン神父の秘密」 (創元推理文庫版p20)より

 庶民とか国民とか世間の常識とかを代表している人たちが、あちこちかけずり回ってあれこれに評決を下しています。
裁判員制度、論議が高まることでしょう。

G・K・チェスタトン
ご存じの方も多い、20世紀初頭に活躍した文学者・評論家。保守を標榜し左右の「急進主義」に対する厳しい批判者として有名です。
 近年は、保守派の理論的支柱として再評価されているようですが、通論的な保守主義の範疇に納まる人ではありません。

 “世界は我らが家族の砦であり、塔の上には世界の旗がひるがえっている。むさ苦しければ、われわれはよけいにそこに踏みとどまるのだ。大事なのは、この世界があまりに悲しくて愛せないとか、あまりに喜ばしくて愛さずにはいられないとかいうことではない。大事なのは、もしあるものを愛すれば、その喜ばしさは愛する理由となり、その悲しさはさらに深く愛する理由になるということだ。”
G・k・チェスタトン 『正統とは何か』 (1995 春秋社)「五 世界の旗」p114

 以下、中心市街地愛好家各位を鼓舞する論考が続いています。
お暇な折りに一読ありたし。

 中心市街地・商店街の活性化は、中心市街地・商店街を「好き」でないとなかなか成就できないことかも、です。
同じく、“仕様がないから・好き嫌い抜きで商売をやっている”というのでは、
①知恵が出ない
②お客にそれが見抜かれる
ということで、じり貧化は免れません。
古諺に曰く。
“好きこそものの上手なれ”

当ブログの主張、もっと普及させるべきだと思われたら
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ