商店街活性化、直面する二つの課題

霞ヶ関から市町村まで、商店街活性化を担当する部門に課せられている課題が二つ。

その一、
商店街という商業立地は、適切に努力すれば繁盛可能で あることを実証すること。(「方向と方法」を実証事例付きで)

その二、
施策の中心となっている「通行量増大」が活性化への道であることを実証すること。

新しい支援制度を企画して、応募者に交付して終りという方法では蓄積可能な効果が得られないことは、明らかになっています。その一も二も「成功事例」が出ていませんからね。

  もはや「言い出しっぺ」である支援施策の担当部局が自ら 「やればできる」ことを実証すべき時期はないかと思います。
実証するのは、①事業に取り組んだ結果個店経営に顕著な効果が出た ②この効果を蓄積していくことによって商店街は活性化できる、ということ。〈まちなかゼミナール〉や〈100円商店街〉は候補になりません。取り組んでもプロパーの売上げは伸びず、お得意さんも増えませんから。しかるべき事業を是非提案すべきです。

 もちろん、支援制度の対象たる商店街組織、特に執行部の責任は重大ですが、執行部といっても皆さん、個店経営が本業のボランティアですから、タウンマネジメント的な仕事を期待するわけには行きません。
商店街組織=タウンマネジメント組織ではありませんから。

 二つの喫緊課題、行政が正面に立たないと取り組めないと思います。
これまでの施策の基礎となっていた、「通行量を増やせば商店街は活性化する」という仮説は今でも採用されているのでしょうか?

 ちなみに活性化とは『中活法』の専門用語で言えば、「経済活力の向上」でから、この仮説は、「通行量が増えると経済活力が向上する」といっていることになりますが・・・。

  歩行者通行量増大施策に取り組んだ結果、①通行量が増え、②その結果、商店街が活性化して繁盛店が増えたという事例が日本全国にどこか一個でもあるでしょうか?

 「二つの課題」、さっそく取り組んで成果を挙げないと、従前的取組がそういつまでも許されるとも思われません。
当社は目下有志との協働で『二つの課題』に答えを出そうとしているところです。

コメントの投稿

非公開コメント

参考まで

FC2ブログランキングを見ていたら、こちらを読みました。こんな本が有ります。
『競わない地方創生~人口急減の真実』という本が参考になりませんか?
URL => http://hisa21k.blog2.fc2.com/

Re: 参考まで

情報有り難うございます。
実は著者の既刊『商店街再生の罠』を読んでがっかりしたことがあります。
このブログで批判しています。
興味があればブログ内検索・・「トンデモ本」をチェックしてください。
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ