繁盛店づくり5原則

きらり輝く繁盛店づくり、着手時点の5原則:

原則その一 【意識変えるな店変えよ】
「意識改革」は繁盛の敵(^_^)意識ってなんですか?どうすれば変えられますか?
変えれば何がどうなりますか?そんな暇があったらどんどんお店を変えましょう。

その二 【コンセプト不要・計画は立てない】
コンセプトって何ですか? 計画? 何のために作るんですか?そもそも「作る技術」がありますか?こういうものは繁盛するようになってから作るもの、、「途上店」には無用の長物です。

その三 【経費の増やさず、へらさず】
※新しい経費を使わない=販売促進(チラシ、POP広告など)、改築・什器交換などを。
※経常経費を削減しない。経費は売上げの原動力ですからね、減らしてどうする、
  今までどおり目一杯活用しましょう。

その四 【人の振り見て我が振り直せ】
 人の振り=人:お客さん、店前遊歩者、他店舗等々振り:行動、 我が振り=我:自店の売場 振り:見せ方
 
その五 【やってダメならやり直す】
 問題を発見―改善策を実行(仮説試行)―評価、成果が得られなければやり直す。やり直しが利かないことには手を出さない。

繁盛店づくりのメインテーマは、「お客に見える店づくり」
【見える化】に取り組むと“吸い込まれるように” 新規のお客さんが来店してくれるようになります。 イベント来街者を個店~商店街の買物客。お得意さんにしたければ、売場を開放することが大切。開放とは,通りから見てお店の品ぞろえ・レイアウトが一望できる、
接客サービスが予感できる、条件を作り出すこと。
開放していない個店に「イベント来街者の新規来店」は期待できません。

【豆知識】
商店街の三重苦:
①組織の弱体化 ②施設設備の老朽化 ③活性化路線の不明 どう脱却するか? 
個店の三重苦:
①業績の低迷 ②施設設備の老朽化 ③技術の陳腐化 どう脱却するか?
同時、同事業で解決していくことが望ましく、その取組として、ご承知のとおり、当社は【キラリ輝く繁盛店づくり】を提唱・推進中です。

商店街には「商業集積としての街を一個のショッピングモールに見立てて再構築する(中小企業庁『TMOマニュアル』)」という活性化の方向と方法を推進するために必要な「論理と戦略」がありませんから、「タウンマネジメント=商業集積の運営」はできません。タウンマネージャーを招聘しても無力。
06-06 09:12

我々が見るところ、現在の商店街活動は、「真面目に参加すれば着実に業績が向上する」という内容にはほど遠い。なかには業績に反映するどころか、取り組めば取り組むほど自店の営業が疎かになるということも少なくない。その上“あの人はイベントが好きでやってるんだから” と言われて立つ瀬無し。
06-06 09:07

空洞化が進むと商店街組織の求心力は衰えます。自助努力を結集して「活性化への道」を切り開いて行くべきところ、逆に「お付き合い会員」が増え、離脱者も。組織が構成員に評価されていない証。「キラリ」の効能の一つは組合に対する組合員の評価が好転すること。組合事業に参加してよかった、と。
06-06 09:03

ただし、ショッピングモールには「理論」が無いので、「店づくり」も「見える化」も不十分、それでも支持されているのは、商店街など圏内集積がさらに至らないからですね。モールは、その正体を理解すれば全然怖くない、モールを横目に商店街までショッピングに来てもらうことは難しいことではない。
06-06 08:42

商店街活性化の肝要は、個店群の各売場をお客にどう展示するか。展示=数多く並べて一緒に見せること。商業集積の魅力は、行きつけの店はもちろん、他の店も一斉に通りに向けてその「店づくり」を展示しているところ。ショピングモールを見よ。
06-06 08:39

ほぼ旬刊『繁盛店づくり』創刊準備号準備中。市内商店街向け「キラリ輝く繁盛店づくり」の論理と戦略を広報宣伝するツールとして。各商店街組織の個店支援の一環としての活用も。本日中の脱稿。
06-06 08:35

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ