05/28のツイートまとめ

quolaidbot

このあたり、商学方面ではどう考えられているのでしょうね。中心市街地・商店街活性化は、商学正面の課題だと思いますが、中活法制定以来、どんな貢献をしてきたのか、Webで検索してもよくわかりません。掌握されている人あればご教示ください。
05-28 22:47

中心商店街は、全類型からお客を奪われていますが、なかでも影響が大きいのはショッピングモール。モールが対応する消費購買ニーズとはどのようなニーズか。その弱点はどこにあるのか? 知らないと中心市街地活性化は不可能です。おっと、中心市街地にモールを誘致する、というのは無しですよ。
05-28 22:41

ショッピングセンター分類:かっては、ネバーフッド(近隣)、コミュニティ(地区)、リージョナル(広域)=商圏範囲というあまり意味のない分類基準でした。今は、コンビニエンスマート、パワーセンター、アウトレットモール、ショッピングモールというショッピングニーズ基準の分類です。
05-28 22:35

商店街を活性化する=商業集積として立て直すには何が必要か?通行量? コミュニティ施設? 三種の神器?その前に、「商店街立地の小売店は業種を問わず、こうすれば繁盛店になれる」という方向と方法を明らかにしないと。「商店街活性化の方向と方法」Webで検索して見ましたか?
05-28 21:13

いずれにせよ、商店街活性化の「論理と戦略」が提案出来ない、というのは大変なことです。業種業態商業集積の成立とライフサイクルと競争のメカニズムを理解する理論、すなわち、現代商業を理解する理論体系を持っていない、ということですから。もうちょっと危機意識があってもよさそうですが。
05-28 15:47

いまの商業学、商業学の内容では「商店街活性化の論理と戦略」を作ることは出来ません。「商業集積」を理解することも難しい。そもそも商店街活性化が難渋しているのは商学、商業学方面がその方向と方法を提案出来ない、ということが大きな要因ですが、学界方面にそういう問題意識があるのかどうか。
05-28 15:39

商店街活性化関係で郊外型商業、特にショッピングモールに言及する専門家が少ないのは、モールが活性化に関係無いと評価しているからではなく、①逆立ちしても勝ち目がないと思っている、②対策が必要だが内容が分からない のどちらかでしょうね。モールの正体を理解するのは結構な作業ですから。
05-28 15:35

「ショッピングモールがあっても中心市街地・商店街は活性化出来る、なぜならば・・・」を説明し、そのうえで商店街が目指すべき商業集積としてのあり方と、それを実現する方法(方向と方法)を説明出来ない専門家は専門家ではない。もちろんその「方向と方法」は「やれば出来る」内容であること。
05-28 10:14

そう言えば、「中心市街地の空洞化・商店街活性化」が都市経営における課題に浮上してからこの方、ショッピングモールとは何か、ショッピングモールと棲み分ける商店街のあり方などが問題になったことがありましたか?イベントで来街するお客さん、日ごろはどこにショッピングに行っているのか?
05-28 10:07

「商店街活性化」、「商業まちづくり」を指導する専門家さんの見分け方。ショッピングセンター、ショッピングモールとの競争あるいは棲み分けの「方向と方法」を提案し、それに基づいて商店街の活性化事業を組み立てているかどうか。
05-28 09:54

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ