FC2ブログ

中心市街地活性化は「中心性」の再構築

 中心市街地の要件は、「法」第二条で、“相当数の中小商業者が集積し、及び都市機能が相当数集積しており、その存在している市町村の中心としての役割を果たしていること”となっています。
大事なことは「中心としての役割(以下「中心性」)を果たしている」ということ。
①相当数の中小商業者が集積しているだけではダメ
②都市機能が相当する集積していてもダメ
でありまして、
③市町村における「中心性」を担っていなければならない。
ということが「キモ」ですね。
空洞化とは「中心性の希薄化」ですね。

 諸事多端の折から中心市街地に注力するのは、「中心性の回復」という大義名分があるからです。
では、中心市街地の「中心性」とは何か?

 中心市街地の「中心性」は、そこに集積している商業をはじめとする都市機能が、都市及び周辺住民にとって、
①生活をいっそう充実させる
②所得機会を維持確保する
ということにおいて、他の地区(居住地区や郊外など)では果たせない・積極的な役割を担ってきたことから生まれています。

 早い話、
①居住地区としての整備は「中心性」ではない。
②特定の都市機能への特化は「中心性」ではない
③近隣型・居住者向けの商業では「中心性」ではない
ということです。

 「中心性」とは、中心市街地に不特定多数の市民が自分たちの生活を楽しむ・いっそう充実させることを目的に「わざわざ出かけてくるところ」ですね。
当社所在の佐賀県武雄市の基本計画は、中心市街地活性化を一体的に推進する目標として「時間堪能型マルチデスティネーション」と定めていましたが、まぁ、そういうことです。

 「中心性」の中核は、“生活をいっそう充実させる「ショッピングの場」としての機能”=広域型商業であり、その衰退が「中心性空洞化」の第一の要因です。(“生活を維持する材料の調達先である最寄り型商業には「中心性」としての機能はありません。)

 同時に、かっては中心部に密集していた各種の都市機能がそれぞれ「自分の都合」で立地を変更したことが、「中心性」の空洞化に拍車をかけました。ただしこちらはあくまでも副次的要因です。
買い回り型商業以外の都市機能がすべて中心部に配置されている・人口も増加している、という条件の都市でも「中心性」は空洞化しています。

 中心市街地活性化とは「都市の中心性の再構築」を意味します。人々の生活をもっと楽しみたい、もっと充実させたい、という期待のデスティネーションとして再構築する以外に、中心市街地活性化を推進する大義名分はありません。
第一、「中心性の再構築」を抜きにして「経済活力の向上」はあり得ないでしょ?

 このテーマ、 【都市経営】で続けます。

 都市の経営戦略上、中心市街地が担うべき役割は何か? 
という問題ですが、明確な位置づけが出来ないと縮減傾向にある都市の経営資源を中心市街地に傾斜配分する大義名分が立ちません。
定義抜きの「コンパクトシティ」の文言で、周辺部から人口や施設を召し上げても「波及効果」は期待できそうもありません。

そもそも今どき、大義名分も立てられない仕事で都市が活性化するなどということはありません。関係者がその気になる・市民全体が自分にもプラスになると理解して応援する、そういう方向・方法を選択しないと活性化は実現出来ない、ということですが、まだ納得できませんか(w



当ブログの主張、もっと普及させるべきだと思われたら
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ