04/08のツイートまとめ

quolaidbot

これ、実際に全国各地で取り組まれている・実在する【商店街活性化への道】ですからね。ちゃんと(愚直に)取り組めば、1年後には売上前年対比【2割アップ】は消して難しいことでは無い。販促その他投資無しで実現する。今どき店舗や販促等にお金を掛ければ繁盛する、などと言うことは無いのです。
04-08 21:09

個店売場の魅力を再構築し、その魅力でお客を誘引する。点在する繁盛店がやがて、線となり、面となって、商店街全体がショッピング客で賑わう商業集積として再生する。これが正真正銘の商店街活性化です。先行取り組んだ人は人より先に繁盛を実現、商売の楽しさを満喫出来る(^_^)
04-08 21:01

一行で言えば、魅力的な売場を作り、その魅力をとおりへ発信するですね。これが出来れば、①個店は繁盛し②商店街の活性化に直結するわけです。こちらも一行で言えば、繁盛する個店が街の活性化を牽引するわけですね。これも一行にまとめると売場の魅力が街の活性化を牽引する
04-08 20:41

通行量をお客に転化するには何が必要か?ズバリ、二行で書けば、1.ショッピングの場として魅力のある売場を作ること2.売場の魅力を店外・とおりへアピールすることこの二つ。一方だけではダメ、お客に魅力が伝わり、実感し、愛顧客になってもらうにはこの二つを実現しなければならない。
04-08 17:29

商店街活性化のカギは、通行量の増大やイベント来街者を個店が自分の愛顧客に変えることが出来るかどうかに掛かっているが、①個店にそれをやりきる力は備わっていない。②何とか力をつけないと活性化の努力が「水の泡」になってしまうということです。通行量をお客に転化するには何が必要か?
04-08 17:23

繰り返しますが、この仕事はこれまで「個店の仕事」として商店街全体の取組から外されていました。今ハッキリしているのは、次の二点。第一に、この仕事を個店が独力でやり遂げることを期待するのは無理、ということ。第二に、この仕事の成否に商店街活性化の成否が掛かっていること。
04-08 17:18

商店街活性化の実現は、「通行量を自店の愛顧客に変える力を持った個店を作ることから」ということでよろしいですか?既存個店は、通行量をお得意さんに変える、というしごとをしなければならないのですが、何をどうすれば良いのか分からない、というのが現状です。違いますか?
04-08 16:50

しかし、あらためて「商店街活性化実現のシナリオ」として考えてみると、この仕事がうまく行かないと商店街活性化が実現できないことになります。個店のしごとなんだから,個店ができなければ仕方が無いでは済まされません。いつまで経っても商店街の客は増えず、賑わいは実現出来ません。
04-08 16:47

通行量の増大に取り組んで来た商店街の努力が報われます。しかし、この【活性化実現のシナリオ】には、一つ、現在の商店街では実現出来ていないことがあります。それは、「通行量を個店のお客に変える」というところ。これまで【個店のしごと】として来たところです。
04-08 16:43

その個店は間違い無く繁盛します。商店街の多くの店がそのノウハウを伝えることが出来れば、繁盛店が増えお客がさらに増えます。魅力のある店が増えるわけですから個店間の【回遊】、【買い回り】も増えます。とおりは賑わうようになります。商店街活性化成功です。
04-08 16:39

#キラリ今、商店街活性化に取り組んでいるうえで最大の課題は、【個店を繁盛店に変える方法が分からない】ということです。違いますか?通行量を増やすのは組合の仕事、増えた通行量をお客にするのは個店のしごと、とよく言われますが、通行客を自店のお客に次から次に変えて行くことが出来れば
04-08 16:24

商店街活性化、起死回生の取組は「歩行者通行量の増加」というコンセンサスが通行しているが、「歩行者通行量を増やせば商店街は活性化する」という主張は、いまだかって客観的に吟味可能な構成をもって行われたことがない。
04-08 09:26

もの余り・店あまり時代、小売業の競争は、ポジショニング、どこが私にとってベターなPOPか、個々のお客の頭の中で展開される。競争の戦略は、ストアロイヤリティ(愛顧客) の維持・拡大。実現はカスタマーロイヤリティの追求による。
04-08 09:16

承前個店経営支援 (繁盛店づくり) と 商店街活性化 (モールに見立てた商業集積としての再構築) の一体的推進。中活法・地域商店街活性化法のスキームに基づく商店街活性化実現の現時点で提起されている唯一の方針
04-08 07:45

一過性イベントの再評価。活用の前提となる個店売場の再構築への取組。
04-08 07:35

方向:モールに見立てた商業集積としての再構築。方法:キラリ輝く繁盛店づくり。個店経営の支援と商店街活性化の一体的推進。
04-08 07:26

改革の目標は個店経営―売場―の改善。目的は持続可能性の再構築、活性化(キラリ推進)への橋頭堡の確保・・・個店経営支援
04-08 07:20

訂正:意義吾➡以外
04-08 07:09

#個店経営商店街活性化の戦略的課題は、既存個店群の経営改善。売場の改革を実現して ①経営の維持 ②活性化事業の成果の蓄積を目指す。③個店の繁盛実現を通じて商店街の活性化へ
04-08 07:05

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ