03/24のツイートまとめ

quolaidbot

個店の売場にその力量が備わっていないとすれば、補助事業と並行して「個店売場の魅力創出」に取り組まなければならない。この取組をスルーして補助事業だけ消化しても後には何ものこらず、徒労感が増すだけ、もうそんな取組を漫然と続ける時間的余裕はありません。新年度から取組の抜本的改革を!
03-24 21:05

こういう事業の成果としての「人出」を個店の得意客創出に結び付けて初めて商店街の持続可能性の基礎となる「商店街のお得意さま」を増やすことが出来ます。果たして各個店の売場にその「用意」が出来ているか?毎年繰り返される疑問です。
03-24 21:02

RT @takeoquolaid: 商店街等が行う「少子・高齢化」「地域交流」「新陳代謝」「構造改善」「外国人対応」「地域資源活用」分野での新たな取組みを支援します!「地域・まちなか商業活性化支援事業」公募開始!https://t.co/LOhSpL9jmc
03-24 20:58

組合と個店の間には「相互不信」が湧き上がっているのでは。イベントに積極的に協力する組合員も減りつつあり、特にこれからもずうっと商売を続けて行かなければならない若手の「事業離れ・商店街離れ」が著しい。このあたり、活性化施策を企画する立場の人はどう把握しているんでしょうかね。
03-24 20:40

ところがオーナーさん達は、店づくり、売場づくりはそっちのけ、組合の集客努力が足りない、もっと通行量を増やしてくれ、通行量さえ増えれば・・・、というばかり。しかしイベント当日の人出をお客に転化することはできません。結局、“もっと通行量を” と要望しながら活用法は持っていない。
03-24 19:59

そんな機会はありませんでした。結局、商店街活性化が「通行量をお客にするのは個店のしごと」という言い方で最終的に依拠しているのは、今どきの売れる店、今どきのお客に支持される店・売り場の作り方などまったく勉強したことの無い・昔の成功体験を縮小再生産する個店オーナーの意欲と行動力。
03-24 19:55

通りの通行量を増やすのは組合、増えた通行量を自店のお客にするのは個店、といわれます。これは結局、商店街の将来を個店が独自に取り組む?売場づくりに一任しているわけですが、個店のオーナ-さん達、今どきの新規客に支持される店・売場をつくるために必要な理論や技術をいつどこで入手したか?
03-24 19:50

商店街活性化は、個店のシャッターの前で立ちすくみ、売場には入ってきませんね。これは大問題です。お店が繁盛するもしないのも決定するのは売場次第。商店街が繁盛するもしないも個店群の売場のしつらえ具合に掛かっています。ここを問題にするのを避けていて活性化とかチャンチャラおかしい。
03-24 19:45

「観光商業」通りを観光客がたくさん回遊しますが、入店―買上を実現するのは難しいですね。地元向けの小売業は厳しいから観光商業に鞍替えする、というのは言うは易し、その程度の覚悟でお客をその気にさせる店づくりは出来ません。
03-24 16:50

予告していた商店街コーディネートの簡単な報告。実務内容はアップ出来ません(^_^)視察グループの目的に即応したコンテンツを提供しました。 https://t.co/2y2Q1I6g00
03-24 16:47

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ