03/20のツイートまとめ

quolaidbot

店舗クリニークはもちろんですが、我々は店舗設計診断も得意です。これまで手抱けた例では改善事項が無かったことはありません。竣工後大変感謝されることが多い。転ばぬ先の設計診断(^ ^)
03-20 22:36

こんなに効果的な投資は他にはありませんね。勉強につかう時間とお金は一生ものです。そのつもりでしっかり吟味して使うことが大事ですね。
03-20 20:12

このところ、組合も商工会議所も宛には出来ない、自分たちで企画するから繁盛店づくりを指導して、というオファーがあります。それも遠方から。交通費負担が大変ですが、自分たちで分担すると。一人あたり結構な金額になると思いますが、繁盛実現への投資、一度払えば商売を続けている間役にたつ。
03-20 20:09

イベントなどで人を集め、通行量を増やしても翌日は元の木阿弥ですよね。つまり、街に人を呼び込んでもお客になってくれるわけじゃない。次のイベント当日まで買物に行くのは別のとこ。数十年前から分かっていることなのに続けているのは補助金が出るから? もし補助金が無かったら何に取組みますか?
03-20 20:05

もっと売上がアップしないと困るが、どうすればアップ出来るか分からない、という人にとって、「通行量を増やすのは組合の仕事、通行量をお客にするのは個店の仕事” というのはいかがなものか。言ってるご本人に“通行量をお客に” に変えてお手本を示してもらいたいですね。
03-20 20:00

本当に商店街を活性化しなければ、と思っている人が日本全国で何人ぐらいいますかね? 商店街はともかく、うちの店だけは繁盛しないと困る、という人は沢山いてもおかしくないのだが、何故か声が挙がらない。こういう人は、“商店街活性化”のかけ声の後ろで孤立しているんですよね、きっと。
03-20 19:54

個店段階では【売れる店づくり】を実現したいという喫緊の問題に直面しているのに、その緊迫が商店街の取組に全く反映されていない。商売熱心な人は商店街活動から距離を置いてしまうのも無理はない。活性化事業に賭けたい人ほど現行の活性化事業の内容では集中できない、というジレンマがある。
03-20 12:45

通行量増加や、個店のファサード装飾を云々といった、補助金で対応出来る施策になってしまう・・・。【補助金で個店の売場再生は出来ない】という思い込みがあり、かつ、補助金が無くても取り組むぞ、という気合いも無い。そうしたなかで、困っているのはこれからずっと商売を続けていく人たち。
03-20 12:41

この「実践」がなかなか実現しないのが大問題ですね。個店のオーナーさん段階では "売れなくて困っている" という声をはっきり聞きますが、組合レベルになるとオブラートに包まれて、通行量がーとか魅力ある個店がーという話になってしまい、施策も肝心の【売れない原因】を退治しようというより
03-20 12:37

RT @takeoquolaid: 基礎となる「売場再生」は商圏規模や業種業態等を問わず、成功事例が輩出しているが「真似」の対象にならないのは何故でしょうかしらね。事例を知らない? 信用しない? 他の事例はちゃんと情報を収集し、信じて、真似てるんでしょうにね。
03-20 11:59

RT @takeoquolaid: 商店街活性化、中活法の『基本方針』では「競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化」が中心課題。『TMOマニュアル』では「一個のショッピングモールに見立てた再構築」、実務では「キラリ輝く繁盛店づくり」、個店の取組は「売場の再生:見える化」と体…
03-20 11:59

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ