03/16のツイートまとめ

quolaidbot

#売場再生売れる売場づくり。商業者なら誰もが目指すところですが、そんなに難しいことではありません。その気になって、お金を掛けず (販促、設備)、計画を立てず、愚直に【見える化】に取り組めば道は開かれる。
03-16 22:56

市内に5店舗を展開する地場小売業、キラリの取組2年間で売上1.5倍に挑戦中です。前年対比2割アップを2年間連続達成する。販売促進を一切行わず、店内の創意工夫中心での実現に今月から着手、既に成果が挙がっています。ゴールデンウイークに来店する一見さんの常連化を実現する工夫の真っ最中。
03-16 22:51

商店街活性化も賑わい創出も三種の神器も、それぞれ大事な取組であることはそのとおりですが、「売場再生」すなわち、お客さんが入りたくなる、買いたくなる売場づくり、という基本中の基本をカッコに入れたままでは、【売上アップ】という目的には届かないですよね。
03-16 21:36

お馴染みの「商店街活性化・三種の神器」は、“繁盛店づくり”に取組み、お客が来たら買ってくれる、という自信がついてから取り組む事業ではないでしょうか? 「三種の神器」は、“お客が来店しさえすれば必ず買ってくれる”、“売ってみせる” という自信のあるお店だけが取り組める事業です。
03-16 21:32

これは知る人ぞ知る当社の得意分野。商品開発から売場選定・構築まで。なにしろ、【もの余り・店あまり時代に・商店街で・不要不急の商品を売る】のが専門ですからね。流行り?の「地域ブランド創出」もOKです(^_^
03-16 17:18

1.に集中しても成果が挙がらず、2.の見通しがつかないまま。3.4.についてはほとんど問題意識が無い、という状況。都市内の中心市街地以外の商店街、地場商業者の活性化については、ほとんど関心が無いようですが、中心市街地の商業だけが活性化すれば良い、とする根拠はありませんよ。
03-16 13:43

中活法の趣旨―枠組みからいけば、1.中心市街地所在の商店街活性化に集中する 2.活性化に成功しノウハウを蓄積する 3.中心市街地以外の商店街、商業者の活性化にノウハウを提供、協力する 4.都市内地場商業全体の活性化、持続可能性の再構築を実現する。ということになるはずですが、
03-16 13:38

商店街活性化は難しいですね、みなさん。
03-16 13:34

6次産業や地域ブランドづくりなど、「地産地消」関係も試行錯誤が続いているようです。一番の問題は「売場」「POP」をどう確保するか、ということでしょうか。「売場づくり」は商店街に限られた問題ではないようです。
03-16 13:31

#地産地消地方創生でかならず掲げられるテーマですが、有力な売場:道の駅は飽和状態、新作の特産品も市場的には先発の商品が占拠しています。地元産品をどう市場に浸透させるのか、そのとき「地産地消」が果たすべき役割は・・・?
03-16 11:06

#売場再生パパママストアから百貨店・モールまで、全小売業に共通する課題は、昔も今も「売れる売場づくり」ですね。昨日担当したパートさん対象の社内研修のテーマでした。売れる売場と売れない売場、どこがどう違うのか?
03-16 11:01

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ