03/05のツイートまとめ

quolaidbot

@manmaru53 商店街の皆さんにお勧めするのは、地元の人たちがよく使うショッピングモールの視察研修ですが、行ってモールを見てマネージャーさんの話を聞いておしまいでは意味が無い。正体と直面している課題、それにどう対応しようとしているのか、それは成功するだろうか等々
03-05 23:04

今までの店より地蔵通りで買った方が楽しい、という実感。地方都市の商店街の場合、イオンでのショッピングより商店街の方が私に合っている、楽しい、と言ってもらえる店づくり・街づくりが出来るかどうか。実際の取組では個店レベルならすぐ出来る、成果が確認可能です、レジ開閉の頻度で(^_^)
03-05 21:59

地蔵通り商店街だって街が変わるまでは、とげ抜き地蔵さんにショッピングに行こう、というお客の来街動機は無かったわけです。お客さんは、店や商品が提供されないと買えない、行かれないという存在。提供されると吟味して気に入れば使う、気に入らなければ無視。なにしろ今まで使っている店がある。
03-05 21:54

商店街活性化においてコンセプトの設定は極めて切実。1.自力で実現出来ること2.その結果、イオンと棲み分けが出来ること3.2は客観的にみてイオンに劣る諸条件があるにも関わらず・中心市街地まで来てくれる・強いデスティネーションを創発、提供出来るかどうか。
03-05 21:50

お知らせ:当社ホームページの「Daily Flash」コーナーですが、目下サーバー不具合で書き込み出来ず、更新が止まっています。回復次第、ガンガン行く所存です。
03-05 21:22

地蔵通りは、商店街・商業施設群をスルーしてショッピングを堪能する為にお客が来街してくれる。普通の商店街というか地方都市の中心市街地に立地する商店街の場合は、イオンモールをスルーして日常的に買物目的で来街してもらわなければならない。これが実現しないと持続可能性の再構築は出来ません。
03-05 21:18

コンセプト主導と言えば、ブルードーザー導入、ガラガラポンというイメージかもですが、「コンセプト主導の店づくり」は前人未踏ですから漸進的、仮説―試行的アプローチで進められる。問題はコンセプトをどう立てるか? とげ抜き地蔵さんがいらっしゃらない普通の商店街の場合(^_^)
03-05 21:13

「コンセプト主導、ビジョン主導のまちづくり」は、漸進的な・成長するまちづくりです。コンセプトと店づくり(品ぞろえ・提供方法・空間)を一挙に合致させることは難しい。お店もお客も初めての経験ですから試行錯誤は当然。このあたりの話は商店街で聞けます。視察に行っても誰も聞かないんだからw
03-05 20:36

うまれ、「繰り返し」が生まれ、繰り返しを繰り返しに終わらせない新しい提案が行われることで「愛顧客」が生まれる。賑わい―まちづくりは街とお客との相互作用のたまもの、相互作用が生成するもの。
03-05 20:30

街はつくるものでは無い、街は成長するものだ、といったのは建築家クリストファー・コロンブス(といいつつ箸の上げ下ろしに類することまで書いていますw)ですが、お客が来ないことには街は起こらない。お客が行ってみたくなる、ゼッタイ行きたい理由を提供すること。提供と目的が一致すると満足が
03-05 20:28

そんな商品は品ぞろえのごく一部、それもずっと後から加えられたもの、はじめはどこにでもある商品からスタートする以外方法は無い。やがて商店街に立地する信用組合さんが会議室を休憩所に開放してくれたり、補助を受けて街区の整備をしたり、徐々に現在の街へと成長して来たわけです。
03-05 20:18

強く注意を促したいのは、商店街が各個店に「自店にしか無い商品」を売ることを奨励し、商店街を「この街にしか無い店」を揃えたわけでは無い、ということ。それぞれの個店がそれぞれ「じじばばの店」を作った、ということで品ぞろえはその結果、店揃えもその結果。「ここにしか無い商品」のありますが
03-05 20:15

@mihatsuikutoshi 成功事例の典型は巣鴨地蔵通り商店街。レポート中です。
03-05 20:09

「じじばば」がショッピングを楽しめる・堪能出来る街・売場・空間を提供しているのがこの商店街。ぼけっと「参拝客ネライ」をしたのでは有名社寺の門前商店街同様、土産店が軒を連ねて空洞化するところ、コンセプト主導でタウンマネジメントに取り組み、全国的に例のない商店街活性化の成功事例に。
03-05 20:07

したことが大きかった。商店街の店揃え・品ぞろえを見ますと、そのほとんどは、じじばばの行きつけの商店街でも売っているものが多い。しかし、一店か二店しか無い店がここには何十店も軒を連ねており、冷やかすだけでも十分楽しい。ショッピングの楽しさの一部は冷やかしですからね。
03-05 20:03

コンセプトは「とげ抜き地蔵さんに参拝に来る人」。「参拝客」ではは無い。人と客、どこが違うかと言えば、「参拝客」は参拝主、買物従で、お土産しか買いません。「人」は参拝もするが「買物」のちゃんと提供すれば買いますね。この違いは大きい。「じじばばの竹下通り」になれたのは「人」を対象に
03-05 19:59

この商店街以前はどこにでもあるような下町の商店街だったのですが、「とげ抜き持続さんに参拝に来る人」をターゲットにした商店街に転換しよう、ということで現在の様な商店街に変わったとのこと。コンセプトを基準に「業種揃え・店揃えの最適化」、各個店が大なり小なり「店づくり」を変えました。
03-05 19:55

この商店街は、中活法とは無関係、独自に「タウンマネジメント」に取り組んで現在の「じじばばの竹下通り」などと呼ばれるとても賑わう商店街になりました。そういえば「竹下通り商店街」は計画無しで全国から買物客が押し寄せる商店街です。あらためて活性化成功事例・巣鴨地蔵通り商店街をば。
03-05 19:21

商店街活性化の成功事例。当社が知る限り、もっとも参考になる「成功事例」は、巣鴨地蔵通り商店街です。https://t.co/e2HxZ3Q0O2 多くの人が「とげぬき地蔵さん」のご利益(参拝客)で賑わっていると思っておられそうですが違いますよ。
03-05 19:11

@mihatsuikutoshi やるっきゃ無いw 竹下通りつながりでは、ファッションの全国への普及過程と街の拡大・浸透の進展度合いは相即性が高かったかも、とか思いました。面白かったです。
03-05 18:32

中心市街地(都市中心部の商業街区) 空洞化は、周辺に立地していた都市機能が郊外に転出したことが主因では無い。活性化出来ないのは、郊外への全国チェーンの集金型小売業が相次いで出店、競争している状況に適切な対策を講じられないこと。役所、学校、病院等が戻ってきても活性化は不可能。
03-05 18:24

@mihatsuikutoshi 「竹下通り」生成プロセスでは、店舗の増加と各地の竹下通りフアンの増加が相即的に進行したのでしょう。我々の「商店街活性化」はモデル店で繁盛可能性を実証し、点から線、線から面への展開する、というシナリオですが、元町や竹下通りで早くに実証済みですね。
03-05 18:05

@mihatsuikutoshi 表に出店する資力が無くて裏手に出店、繁盛してみせたら後続あいつぎ、新しく賑わう通りになった、という事例は多そうですね。集積として独自のファッションを提案、受容されるにつれて来街者・出店者が増え、集積規模が拡大した竹下通りとかモデルになりますか?
03-05 17:25

@mihatsuikutoshi 面白かったです。ある商業街区が域圏から侵出していく現象は、当該集積のある時空における特性によるもの、いつでも起こることでは無いのでは。「原宿・表参道」は、集積の魅力が増すにつれてその提案を受容する人が増え、その街のキャパをはみ出したわけですね。
03-05 17:08

都市が郊外に拡散したために街が空洞化した (ドーナツ化現象) というのは部分的にしか当てはまらない誇大宣伝。主な原因は、郊外における全国チェーンの集金型小売業が出店競争です。商店街が空洞化したのはこれらの出店の影響及び競争のあおりであって、都市の規模が拡大したことでは無い。
03-05 16:49

商店街、ショッピングモール等の視察研修に、コーディネート無し・自分たちだけで出かける人たちが多いようですが、コーディネートは不可欠ですよ。どこをどう見るべきか?誰に何をどう聞くのか?視察の成果はコーディネートに左右される部分が大きいと思います。
03-05 16:44

【イオンモールを理解せずに】ショッピングモール見立てとかタウンマネジメントとかいくら取り組もうとしても、言ってみただけ、に終わることはこの10数年間、列島全域で経験してきたことです。経験がクスリになってない人も多いようですが。 https://t.co/HZKwPzqVmj
03-05 14:40

念のため。我々は中心市街地活性化をその基本枠組みである『中心市街地活性化法』のスキームに基づいて考えています。したがって、中心にするのは「中心市街地所在の商業・商店街の活性化」です。スルーした住宅・交通論議は、中心課題への集中を阻害するので要注意。商売繁盛無くして中心市街地無し。
03-05 14:24

今の補助制度の使い方を続けていれば、しだいに補助金に頼らない商店街運営が出来るようになっていく、という自信がありますか。もし無いとすれば、商店街が今のように活動できるのは補助制度がある間、ということになりますね。補助制度があるうちに「補助を受けずに繁盛する商店街」を目指さないと。
03-05 11:52

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ