FC2ブログ

商店街共同事業の活性化

商店街・商業者の皆さんへ

 マンネリに陥っている共同事業の活性化は、組織の命運を左右する課題です。ご承知のとおり。
マンネリ化しているとは、とりもなおさず、共同事業が所期の成果を挙げていない、ということ。所期の成果とはもちろん、参加各店の業績の向上ですね。

 これまでは“商店街にお世話になっているんだから”と「おつきあい感覚」で参加していたお店が、先行きの見えない業績不振に溜まらず、「おつきあい」が出来ない、と考えるようになっています。「組合に加盟しているメリットは何だ」という話にもなっていきます。施設リニューアルの賦課などの話が持ち上がると「脱退」も発生したりする。
 
 何とか共同事業を活性化して、個店の業績向上への可能性を見いだしていくことが緊急の課題になっています。
それも、新たなコストは極力抑えたい事情があるわけですから、経費は出来るだけ掛けないで、ということになります。

 虫のいい話ですが、実はこの時期、商店街の活性化は「お金を掛ければなんとかなる」というものではありません。

 共同事業、成果が挙がらないのはこれまで事業の前提としてきた“組合は販促=集客に取り組む、集めた客を「買い物客」にするのは個店の仕事”という話が成り立たなくなっています。
商店街の空洞化が進むのは「事業に取り組んでも成果が挙がらない」からですが、なぜ成果が挙がらないかと言えば、「買い物客」が来てくれないから。
なぜ来ないかと言えば、「買い物したいお店がない」から。

 肝心の「買い物したいお店」が無ければ、どんなにあの手この手を駆使してお客を集めても、個店の店内で商品が売れていく=共同事業の成果が個店の業績として現れる、という「あるべき事業の形」は実現されません。
共同事業の成果を挙げるには、事業に参加する個店の「売り場」がしっかり作られていることが大前提です。
まず、個店の「売り場の革新」に取り組まなければならない。

 ところが、個店は「売り場の革新」が必要なことは百も承知なのですが、どこをどう変えていけば良いか、ということになるとなかなか方向と方法が分かりません。「お客にするのは個店の仕事」といわれても「個店の仕事」である「売り場の革新」の取り組み方が分かりません。もちろんこれは一般の組合員さんだけではなく、「個店の仕事だ」とハッパを掛けている役員さんのお店も似たり寄ったりだったりします。
商店街ぐるみ、「売り場の革新」が必要だが方法が分からない、ということですね。

 共同事業の活性化に取り組むにあたっては、この実態を直視することが必要です。
共同事業が成果を挙げないと参加個店の組織離れが起きる。
成果を挙げるには参加個店の「売り場の革新」が前提だ。
「売り場の革新」必要性は痛感しているが方法が分からない。

 この行き詰まりを突破していくのが「共同事業の活性化」の目標であり、着眼です。

 「共同事業の活性化」と「売り場改革」に一体的に取り組んでいく「共同事業」を企画すること。
これがこれからの共同事業に課せられている課題です。

“話としてはその通り、問題は実践だがどう取り組めばよいのか?”

ということで。
既存共同事業の抜本的見直し

どうせなら本格的に
商店街、一から出直す活性化
長文ですが全体を検討してください。

 お金を掛けずに、街ぐるみ、個店の活性化・売り場改革を実現する「既存共同事業の活性化」を提案します。
メールでどうぞ。

今こそ“組合を作ってて良かった、事業に取り組んでいていよかった”と実感出来ないと、組織のメリットはありませんからね。

※行政・TMOさんへ
 共同事業の活性化は、『基本計画』への組み込むべきですし、実践的にはTMOによる指導が必要です。モデル組織を選定、先駆的な取り組みをスタートさせる、というのも一案ですね。
もちろん、実際のTMOにその余力は無いでしょうから当社が受託することになります。当社との協働でTMOに能力・ノウハウを移植することになります。



当ブログの主張、もっと普及させるべきだと思われたら
ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ