人吉市中心商店街のチャレンジ

 9,10日と熊本県人吉市TMO主催のキラリ・試行版の取組でした。
取組の経緯は、昨年5月8月に福岡市で開催したセミナーに参加され、商店街に紹介。
その後、商店街有志が日田市中心商店街に視察に行かれたこと。
ちゃんと順序を踏んだ結果ですから、皆さんとはじめてったのにいつものキラリのメンバーにと会うの同じような感じ、和気藹々でした。

 9日、14時~17時 3時間の講義。
前半:商店街活性化の論理、戦略とキラリ輝く繁盛店づくり
後半:お客に見える店づくり・見える化三段活用
特に、最近の状況を踏まえて、「販売促進」と「活性化」の違いを入念に。「三種の神器」は何故活性化を実現出来ないのか、
個店のお得意さんを増やせないのか・・・。

 さらに、取組のコペルニクス的転回について。
活性化が必要な状況(劣化スパイラル)に陥っている商店街、そこに立地しているお店の大半が業績不振に陥っています。
元気な個店が軒を連ねていて街が空洞化している、ということはありませんね。
(街のハードは整備されているが個店は元気が無い、という例は多いのですが)
 商店街が活性化するには、事業に取り組んだ結果として街に繁盛店が増えることが不可欠です。繁盛店が次々に増えていくこと、これが活性化そのものです。
もちろん、個店の繁盛実現には個店のシャッターの内側の取組が不可欠。街の活性化の成否を左右するのは活性化事業の内容と個店の取組。

 活性化事業に取り組んだ結果、繁盛を実現する個店が続出、次々に拡がっていくことが活性化そのもの、劣化スパイラルkぁら活性化スパイラルへ、これがコペルニクス的転換。
受講者のアンケートを拝見したら、「コペルニクス的転換」が印象に残った、という人が多かった。
もう一つ、100円商店街に取り組んでいるとのことで、これまで説明出来ない違和感があったが今日の説明で納得した、という感想も。

 今、100円商店街では「見える化」を並行して取り組もうとしているとのことで、いいタイミングでした。

 10日、グループ臨店。
今やグループ臨店は、キラリの定番です。他ではゼッタイに実現出来ないのがこの取組、なにしろ昨日までは「他店介入禁止」というタブーに支配されていたのですから。
それが難なく実現するのがキラリ流です。何故実現出来るのか?
謎(^_^

 1時間の持ち時間で各店舗とも相当進みました。
宿題もたっぷり置いてきたので、今日も取り組んでおられることと思います。ビフォア~アフターの写真が届いたら逐次紹介します。

 人吉市の取組、TMOの事業になるのかどうか未定ですが、臨店指導に参加された各個店の取組は「ものになるまで」継続するように支援して行きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ