販売促進か業容転換か

商店街で「活性化事業」として取り組まれている事業のほとんどが「販売促進事業」であることは、既に皆さんご承知のとおり。
販売促進事業は、①店内の準備は万端整っている ②後はお客さんに来てもらいさえすれば買ってもらえる ➂その結果常連客になってくれる人が見込める、という条件が整ってはじめて取り組む価値がリムス。

特に大事なことは➂ですね。
販促事業に興味を持って来店した人が、業容(品ぞろえ・接客・店内のしつらえ)を高く評価して「お店のフアンになってくれる」という結果が出ないと、本当の販促になりません。
販促をしないと売上が作れない、というお店になってしまいます。

販売促進は、「お得意さんの増加」に繋がらないと取り組む価値がありません。
このことは、商店街で活性化事業として取り組まれている“集客イベント”にも当てはまります。
直接の売上増加を目的とすることは出来なくなっている商店街で、お客が来ない、せめて通行量だけでも増やしたい、という気持で取り組まれることが多いようですが、いくら取り組んでも結果はついてきません。
イベント当日は来街者が増えますが、入店客・買上客にはなってもらえず、北実からは翌日からはまた静かな通りに落ち着きます。

  これではいけない、ということで、取り組まれているのが、個店を舞台にしたイベントです。
まちゼミ、100円商店街、一店逸品、バルなど。
うち任意の3事業をくくって「商店街活性化三種の神器」と呼ぶ人たちもいます。

  これらの取組に取組に共通しているのは、個店の「長所」をアピールして個店に人を集め、イベント参加を通じてお客になってもらおう、という趣旨。

  気持ちは分かりますが、ネライは完全に外れています。
1.思ったほど参加者が無い
2.売上に結びつかない
3.結局、期待はずれ
ということになります。
これは“理屈”としてもそうなりますし、実際に取り組んでいる人たちの感想を聞いても「理屈」通り。

  それなのに何故続けるのか?

1.他所が続いているのにうちだけ止めると「下手」だと思われそう
2.取組を提案した人の顔を潰すことになる
3.お金も掛からないのでとりあえず続けても実害は無い
といったなんとも消極的な理由で続いている。

  たぶん、同じような理由で全国各地の取組が続けられているのかと思うと、恐ろしい話。
こういうこととは知らない後発の商店街が、「流行っているか」「全国で取り組む商店街が増えているらしい」といった風評をもとに取り組む、ということで「増加」しています。

  中には、“キラリはもう卒業した、次の取組は「三種の神器」から選びたい” という人たちもあるらしく、販促と業容転換を天秤に掛けて「販促イベント」をキラリの継後事業にするという話。

  自分の担当機関に目新しい事業を立ち上げたい、という意欲的な行政の担当者さんとタイミングが合えば、たちまちこれまでの取組はガラガラポン、そっちに流れて行ってしまう。
補助金付が無いと事業は出来ない、という自縄自縛からそっちについて行ってしまう、というのは多くはありませんが、珍しくももない話。

  劣化スパイラルがますます加速化するとき、商店街活性化に使える時間は本当に少なくなっています。
こういう取組に吟味もせずに飛びつき、ダメだったり他の道を探せばいいや、というのはもはや出来ないことです・
間違っていた、やり直したい、といってもそのための時間は商店街には無いと思います。

「5年経ったら平均年齢が5つ挙がる」、というのが多くの商店街の実状、やり直して成果が上がるまで何年掛けるつもりですか?

ということですが、「三種の神器」に魅力を感じる人は、ぜひチャレンジして、頑張って成功していただきたい。

  当社は、キラリによる「業容転換」の一本道、これしか無い、と日々選び直し、店づくりに精進する皆さんと伴走しながら、取組の拡大にこれまで以上に精進して参る所存です。
目下新しい企画を構想中、これは「個人参加」を可能とするこれまでの商店街や都市の枠を越えた、これまでとはまったく異なる仕組みになります。おたのしみに。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ