掛け値無しのラストチャンス

  先日、商店街の平均年齢は5年経ったたら5つ上がる、という話を書きました。身につまされる商店街が多いと思います。

この五年間、もっと端的には平成28年中に、何に・どう取り組むかで商店街の最終的な運命が決まる、といってけして過言ではありません。
後継者問題、空き店舗問題、設備改修問題等々、商店街に山積する中長期的な問題は、28年度中に(将来を見据えながら)どういう取り組みを計画し、取り組めるか、ということに掛かっています。

既に《キラリ輝く繁盛店づくり》に取り組んでいる商店街は、取組をどう拡充していくか、キラリを市町行政の商店街・中心市街地活性化推進の柱に位置づけて推進するという認識を共有し、取り組みの拡充を計画すること。
この取組に代われる事業はありませんが、ひょっとすると新任の市町の担当者さんはそういう評価が出来ないかも知れません。
しっかり合意を獲得することが必要です。
もちろん、担当者レベルだけでは無く、部課長、首長さんまで《商店街活性化への道》を共有することが新年度第一の目標ですね。
したがって、《活性化実現への5つの階段》の共有が課題です。

キラリの取組が始まっていないところは、何が何でも取り組みに着手すること。そのためのシナリオを作って実行すること。
スタートは、講習会の開催から。


まず、「商店街活性化という問題」の理解を共有する、活性化実現の可能性があることを実証する、この二つが目標になります。
上記の講習会はそのための絶好の機会です。

キラリに取り組んだが途中で取り組みが停滞しているところ。
早急に取り組みを漸進させることが必要ですが、障碍が発生していますから克服しなければならない。
一からスタートするよりも難しいかもしれませんが、キラリ以外に《商店街活性化への道》はありませんから、万難を排して《道》を再構築しなければならない。
当社の指導支援無しで取り組める、と考えたのが誤算でした。
状況は複雑だと思いますが、今からでも再スタートすべきです。

商店街活性化は最終局面を迎えています。
28年度に《活性化への道》を構築出来なければ、最終的に活性化への道は閉ざされることになりのではないかと判断していますが、あなたはどう思いますか?

感想などお寄せ下さい。 

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ