01/10のツイートまとめ

quolaidbot

@stmark_309 今必要なことは、こうすれば繁盛出来る、という個店レベルの成功事例を商店街内部に作り出すこと。有志個店を募って取り組めば可能です。従来の取組は集客イベントかハ-ド..「商店街活性化とは街がどうなることか?」 https://t.co/Ho9hxTW80b
01-10 19:18

@C_Kozakura おっしゃるような状況もありますが、地場小売業が集積する商店街を活性化しないと都市に入ってきたお金がチェーン店経由で流出するばかり。取組は「商店街活性化」を定義し..「商店街活性化とは街がどうなることか?」 https://t.co/KW1CmsRa2j
01-10 19:13

「生活の編集」:もの余り・店あまり、したいことはたくさんあって、時間とお金には限りがある・・・。そうした環境に生きる現代人に共通する課題は、条件を上手に編集して、自分らしい生活を作り上げること=「生活の編集」図解をアップします。 https://t.co/aRUJ9kyN3J
01-10 08:52

疑問が湧くと思いますが、大丈夫です。すでに全国各地の商店街で業種業態を問わず、多くの有志個店が繁盛を実現して商店街活性化の牽引車になっています。興味があるあなたは、当社のホームページで「キラリ輝く繁盛店づくり」を修得してください。https://t.co/Dn2mFYUMO0
01-10 07:52

実際の取り組みはとても簡単です。①お金を掛けない ②計画は立てない ➂効果が無ければもとに戻せる範囲の取り組む ④新規のお客を求めない ⑤「見せたいとおりに見える店」を実現する、という取り組みです。うちの店でも取り組めるだろうか、こんな簡単な取り組みで繁盛を実現出来るだろうか?
01-10 07:49

キラリ輝く繁盛店づくり。商店街立地の小売店は、業種業態を問わず、こうすれば繁盛店に生まれ変わることが出来る、という画期的な方法です。取り組みは、まず商店街から有志を募って取り組み、繁盛を実現する、②取り組みを点から線、線から面へと拡大する という方法で繁盛店を増やします。
01-10 07:43

したがって、商店街が今すぐ取り組むべきことは、効果的な「繁盛店づくり」の技術を修得し、実際に繁盛店を作りだしていくことです。これまでは各個店に任せていた個店の売り場づくりを組織的に推進すること。どのような方法があるのか?我々が提案提供している「キラリ輝く繁盛店づくり」です。
01-10 07:36

商店街活性化、目標は繁盛する個店づくり、繁盛店を増やしていくことが商店街活性化実現の唯一の道です。繁盛店づくりは商店街にとって最優先で取り組む課題、これを各個店に任せておくわけにはいきいません。商店街が組織として取り組む繁盛店づくり、これが商店街活性化の「中心課題」です。
01-10 07:32

活性化の根本は、①「商店街が活性化すれば個店が繁盛する」では無くて、②「繁盛する個店を増やすことが商店街を活性化する」でなければならない。これまでの常識は①でしたが、本当に商店街の活性化・自店の繁盛を目指す取り組みは②であるべき。街に買い物に来るお客の立場で考えれば明らかです。
01-10 07:28

商店街活性化を突き詰めて考えると、その課題、実現を目指す目標は「立地する各個店のお得意さんを増やすこと、そのためには各個店がお得意さんが増える店づくりを実現すること」となります。商店街ではあまり共有されていない目標ですが、これを達成しないと商店街活性化は実現しません。
01-10 07:20

商店街活性化の究極の目的は、商店街を「いつもの買い物行き先」として使ってくれるお客=得意客を増やすことです。得意客を増やさないかぎり、商店街の活性化は実現出来ません。商店街のお得意さん=個店のお得意さんですから、まず個店がお得意さんが増えるような店づくりを実現しなければならない。
01-10 07:17

お客の消費購買行動の期待に応える店づくり・売り場づくりが出来ている店が販売促進に取り組むとお客が集まり、集まったお客がお得意さんになってくれます。当お店は繁盛します。一方、店づくりが不十分な店が集客に取り組んでもお客は増えません。たとえ一見客は作れても得意客はつくれません。
01-10 07:13

売り場がきちんと出来ているお店は、きっと繁盛しているはずです。なぜそう言えるか?今現在小売業は、業種業態を問わず、お客が消費購買行動に期待している売り場づくりが出来ていません。したがってお客は、条件を作っている一部の店に集中します。そういう店が今どきの繁盛店です。
01-10 07:09

個店の売り場がきちんと出来ていれば、問題は集客方法であり、販売促進の取組ですが、売り場に不具合があるとすればまずそれを改善することが先決です。商店街の各個店の売り場の様子は如何でしょうか?特に、あなたの売り場はどうですか?
01-10 07:04

買い物の場である「個店の売り場」は、人が集まれば買い物をしてくれる、という条件(品ぞろえ・接客・環境)が整っているでしょうか。基本中の基本である「売り場の改善」の必要は無いでしょうか?商店街活性化=買い物の場としての再生と考えれば避けられない検討課題です。
01-10 07:01

「商店街活性化」を商店街を持続させる、という意味で使うなら、活性化事業は、商店街の商業集積としての役割を持続させるために取り組む事業です。事業内容は、商業集積としての機能を復活させることが中心、買い物客を集めるのはその後の話です。
01-10 06:56

商店街活性化とは街がどうなることか?あまり議論されませんが、「活性化事業の目的は街をどうすることか?」決めておかないと目標にたどり着くことが出来ません。これまでの事業が事業終了後に成果を残せなかったのは、活性化が定義されていないからです。
01-10 06:51

《活性化》という言葉も地域、商店街などで用いられる文脈ではきちんと定義されていません。聞いたことがありますか?あなたは定義していますか?活性化とは、「趨勢を放置すれば維持に支障..「商店街活性化とは街がどうなることか?」 https://t.co/87slo9zZFw
01-10 05:33

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ