中心市街地活性化の「核店舗」はなぜ失敗するか

 中心市街地活性化推進の「核」という位置づけで開設された大型商業集積は、ほとんどが「核」として機能するどころか、自店の経営さえ七転八倒、持続可能性に赤信号が点滅しています。なぜこういうことが全国各地で何度となく起きるのでしょうか?

答えは簡単。企画・運営に携わっている人たちのなかに商業系の理論家がいなかったからです。今どきの中心市街地活性化を牽引する機能を持った商業施設を企画することは、商業施設開発業者や商業コンサルタントに出来る仕事ではありません。
中心市街地を包囲する広域に立地する多種多様な商業施設・集積の特性を理解評価し、比較衡量しながら中心市街地が担う商業機能を定義し、その実現を牽引する核店舗のコンセプト―売場ミックスを構想、計画するという作業が出来る実務家はいないのです。

ということで。
前人未踏の企てにチャレンジするのに、「仮説としての核店舗」を構想する力量を持っているはずもない、実務家、専門家に企画させたことが失敗の根本原因ですね。このこと、誰も言っていないと思いますが、関係の皆さんは軽視しない方が良いですよ。
専門的な能力を期待して、業務経歴も結構な専門家を招聘しても上手くいかないのは、この時期に地方都市の中心市街地に開設して持続可能な商業施設のないようについて、理解している専門家は存在しない、ということですからね。といって、専門家を指導出来る力量を持っている理論家も我々をのぞけばいませんからね。

 企画中の案件があって成り行きが心配な人は、我々に企画を見せて診断を受ける、という手があります。この企画はこういう理由で必ず失敗する、失敗したくなかったら、改善は・・・・、と具体的に指摘し、提案します。当社以外では不可能な作業だと思います。

例えば甲府市のニコリ。企画がスタートした当時、我々は中心商店街の商人塾の講師を務めていましたが、企画書を見た時点で失敗することが確実な内容でした。中心市街地の核機能を果たせないばかりか、自店の存続さえ不可能な企画内容。多いんですよ、こういう事例が。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ