12/19のツイートまとめ

quolaidbot

#賑わい創出 「通行量」が通りを通行するだけではまちの「賑わい」は実現しない。通行と賑わいはまったく異なる概念、混用してはダメです。 https://t.co/wxsEZdmvif
12-19 20:32

モールが得意客維持―生成に必死、辛うじて前年対比の数字を確保しているとき、商店街は勉強抜き、「店前通行量増大」や「三種の神器」頼りの日々。業績=客数の差は拡大するばかり、街の空洞化は進展するばかり。行政は補助金で商店街をどこに誘導しようとしているのか、さっぱり見当つかず。
12-19 08:30

中心市街地活性化基本計画、商店街活性化事業計画の計画期間はそれぞれ5年間。計画の目的は、5年間で商業集積としての再構築すること。再構築のシナリオを作り、段階的に実現する事業群を計画し実施すべきだが、実態は成果蓄積にはほど遠い先行事例を模倣した個別事業の羅列だけ。どこにも行けない。
12-19 07:58

ショッピングモールは、マネージャーからパート、バイトのスタッフまで真剣に勉強し、技術を修得している。目標は各テナントの得意客づくり。テナントの繁盛からモール全体の活性化と目指す経営戦略の大転換。商店街はシャッターの外側の通行量を増やして繁盛を実現するという不可能への挑戦が続く。
12-19 07:53

商店街活性化とは商店街がどうなることか?、 そのとき、個店はどうなっていなければならないか? ちゃんと理解し、活動の基礎にしている商店街は皆無と言って良い。これがいつまで経っても商店街が活性化出来ない原因である。
12-19 07:49

商業者、商店街執行部は、以上について誤解の余地の無いようしっかり理解しておくこと。これまでの取組が蓄積すべき成果を挙げていないのは、"活性化"の定義・目的を共有していないから。
12-19 07:47

中心市街地(商業街区)の活性化とは、維持に支障が生じている(空洞化趨勢にある)商業街区に適切な施策を講じて、商業機能としての存在を存続させること。活性化=商業機能の増進と経済活力の向上のこと。経済活力=付加価値(粗利)創出能力
12-19 07:44

中活法で中心市街地とは、①都市の中心部の ②維持に支障が生じている商店街等が立地する ③「商業街区」のこと。「都市の中心部」のことではない。ここで誤解すると、"歩いて暮らせるまちづくり"や"コンパクトシティ"などの成果を出すことが難しい、法の趣旨と無関係の方向に向かうので要注意。
12-19 07:41

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ