商店街の賑わいとは・・・アタマの中の問題

 商店街が賑わっているとはどういう情景が起きていることか?
【賑わい】を巡って商店街では例によって、定義されていない・中味の無い【nigiwai】というコトバが飛び交っています。
あらためて商店街のn賑わいを確認して見ましょう。

賑わう:人出が多いこと。神社仏閣=参詣客で賑わう、観光地=観光客で賑わう、商店街=買物客で賑わう。ものは売れなくてもせめて人出だけでもというのは邪道、ものが売れない商店街に人出があろうはずが無い。買い物客が減って困っている商店街が集客イベントの終了後に買い物客が多くな=いわゆる「恒常的賑わい」を実現出来る、と考えるようではアタマの出来が疑われかねません。…

 賑わっている商店街には繁盛店が多い、というのは紛れもない事実ですが、繁盛店の存在が先か賑わいが先か?
どう考えるかで活性化の地取組のあり方が変わります。
もちろん、繁盛が先ですね。
個店の繁盛は賑わいが無くても実現出来ますが、街の【恒常的賑わい】は繁盛店が軒を連ねていないと実現出来ません。

 商店街活性化を実現したければ、まず、既存店を繁盛店に導く方向と方法を確立すること。活性化事業で増やした通行量を入店―買上―得意客に変身させるには、優れた店づくり技術が不可欠、活性化が必要な商店街に備わっていることはありません。
このことの自覚を共有できるかどうか、ここがまず商店街活性化への第一の関門です。

 「活性化」というコトバが陳腐化したからといって「まちづくり」やら「賑わい創出」やらと言い換える人たちのアタマの中では【自分でものごとを吟味する】という機能が錆び付いて働きません。
コトバを言い換えるだけでものごとが改善されるならこんな簡単で便利なことはありませんが、実際のところは、新しく導入したコトバも陳腐化し、その次の言い換えも・・・、ということが続くだけ、と早めに気付かないことが大問題。
という様に考えますと、商店街活性化という問題が解決出来ない第一の問題は関係者のアタマの中の問題だ、ということにmきづきます。
気付きませんか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ