商店街活性化とは商店街がどうなることか?

 商店街活性とは商店街がどうなることか?
われわれの定義:
①商業集積としての機能が陳腐化―劣化―空洞化スパイラルに陥っている商店街が
②適切な施策群を体系的、計画的に取り組むことで
③商業集積としての持続可能性を再構築すること
(この定義は、『中心市街地活性化法』第一条及び第二条に基づいています)

 われわれ以外に「商店街活性化」を定義をしている関係者(国、地方自治体、学識経験者等)はありません。ネット上で検索、ぜひ確認してください。

 活性化とは街がどうなることか?
定義しなければ活性化に必要な取組が分からず、活性化を実現することは出来ないのではないか?

 シャッターの外側の施策がシャッターの内側で効果を発揮するには、シャッターの内側でお客を迎える準備が整っていることが必要です。シャッターの外側の取組でシャッターの内側の不備を補うことは出来ません。
お客が商店街に来るのは、生活に必要な商品を入手(ショッピング)するため、シャッターの内側がショッピングにふさわしく整えられていなければショッピングは行われず、お得意さんも増えず、街がショッピング客で賑わうこともありません。

 “ショッピング客は望めなくても、せめて通行量だけでも” という声も聞きますが、商店街に買い物以外の目的で来るとすればイベントの時だけでしょう。イベント来街者にいつも来街してもらうにはショッピング客になってもらう以外にありません。

 実施のところ、「商店街をショッピングの場として再生する」ことは、来街目的無しでの通行量増加や賑わい創出よりも取り組みやすく、実現しやすい課題だと思います。
そのためには、各個店の繁盛店への変身が必須であり、その分、商店主に自分のための取組、という実感が得られます、これは他の事業ではなかなか得がたい効果です。

 何より良いことは、取り組んだお店は取り組んだだけお客が増え、得意客が増え、売上がアップすること。自然と創意工夫や取組経験の蓄積が出来る、技術が向上し、横の連携も可能にあり、各種事業の成果も相乗効果を発揮しやすくなります。

 この様な取組が出来るかどうかは、まず第一に「商店街活性化」を適切に定義出来るかどうかに掛かっています。たかがことばの定義ですが、これをさぼったり間違ったりすると出来ることも出来なくなってしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ